周辺ソリューション 周辺ソリューション 周辺ソリューション

Microsoft Dynamics ERP with CRM

主に見込データ(未来情報)を取り扱うCRMと、確定した取引データ(過去情報)を取り扱うERPを組み合わせて利用することにより、見込情報を含めた精緻なシミュレーションを行うことができます。また、得意先や見込顧客、代理店などの顧客データを統合的に管理することでマスタメンテナンスが容易になります。

 

Microsoft Dynamics ERP・CRMの展開モデル

企業のグローバル化が進み、ますますスピーディーな経営判断が求められる市場環境において必要なのは、判断を行うための情報の可視化です。パシフィックビジネスコンサルティングでは、ERPから取得できる「結果」と、CRMの「未来情報」を利用した「シミュレーション」機能の実現を重要視し、Dynamics ERP・CRMを利用した以下のような展開モデルを提唱しています。

 

sample

 

 

Microsoft Dynamics 365 Business Central with CRM

標準機能で連携可能

Dynamics 365 Business Central ではDynamics 365 Sales との双方向連携を標準でサポートしています。Dynamics 365 Salesで利用しているURLとID/パスワードをDynamics 365 Business Centralに設定するだけで、システム間の接続を確立できます。標準的なデータマッピングは既に用意されており、必要に応じて任意のレコードを紐づけ双方で管理することも可能です。

 

sample

 

 

双方向での画面遷移

各種マスタの連携はもちろんのこと、Dynamics 365 Business Centralの画面からDynamics 365 Salesの見積データを呼び出して参照する、Dynamics 365 SalesからDynamics 365 Business Centralの請求データへ画面遷移するといったシームレスな運用が可能です。利用者はシステムの垣根を意識せずに業務の遂行が可能です。

 

sample

 

 

Microsoft Dynamics 365 Finance , Supply Chain Management with CRM

Connector for Microsoft Dynamics

Connector for Microsoft Dynamicsは、マイクロソフト社から標準で提供されているDynamics専用のデータ連携ツールです。Dynamics ERP, CRMとWebサービスで通信し、データをマッピングします。 顧客、品目、受注など、一般的に使われることが多いデータは、マッピング設定があらかじめ定義されているため、複雑な設定を行う必要がありません。標準で設定されているデータ以外にも、連携させたいデータを自由にカスタマイズして設定することが可能です。また、データは任意のタイミングで同期させることが可能です。

 

sample

 

 

さらなるシステム活用

「Dynamics 365 Finance , Supply Chain Management/Dynamics 365 Business Central with CRM」の活用により、引合い~商談~受注~出荷・請求~サポートまでを一気通貫で管理することができます。 さらに、その他のマイクロソフト製品との連携を行うことで、より効率的な運用が可能となります。 例えば、Marketing Automation領域まで踏み込んだシステム構築により、市場のターゲティングから引き合い獲得などのマーケティング領域をもカバーする統合業務管理基盤の確立が可能です。

 

sample

 

 

 

 

導入事例、セミナー、製品紹介の資料ダウンロード

30社以上の導入事例が掲載された資料や、セミナー資料、製品紹介資料がダウンロードいただけます。
Microsoft Dynamicsを、もっとご理解いただくための資料はこちらから。

導入事例の詳しい内容は、PDFにてご覧いただけます。資料ダウンロードはこちらから
お電話でのお問い合わせ 03-5796-7051 月曜日~金曜日 9:00~18:00