取扱製品 取扱製品 取扱製品

ソフトウェアサービス約款
Terms and Conditions of Software Service

第1条(適用)

Article 1 Application

株式会社パシフィックビジネスコンサルティング(以下、「当社」といいます。)は、この「ソフトウェアサービス約款(以下、「本約款」といいます。)に基づき第3条(5)で定義される本サービスを提供し、本約款は、第3条(8)で定義される利用契約の内容として、当社と利用契約を締結する者との関係に適用されるものとします。
Pacific Business Consulting, Inc. (hereinafter called “PBC”) shall provide software service as defined in Item 5 of Article 3 under these Terms and Conditions of Software Service (hereinafter called “these Terms”). These Terms shall be applied, as the content of the Service Agreement as defined in Item 8 of Article 3, to the relation between PBC and the party who enters into the Service Agreement as defined in Item 8 of Article 3 as the content of the Service Agreement.:

(本約款は日本語で交わされるものとする。なお、本約款に記載してある英語の翻訳については、参考表記とし、英文内容は甲及び乙を拘束しないものとする。)
(These Terms are prepared in Japanese, and translation in English is for reference purpose only and shall not bind the parties.)

第2条(約款の変更)

Article 2 Amendment of These Terms

1.当社は以下の場合に、当社の裁量により、本約款を変更することができます。
(1) 本約款の変更が、契約者の一般の利益に適合するとき。
(2) 本約款の変更が、契約をした目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性、変更の内容その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき。
1. PBC may amend the content of these Terms at its own discretion in following case:
(1) If the amendment of these Terms conforms to the general interests of the Contractor as defined in Item 11 of Article 3.
(2) If the amendment to these Terms does not run afoul of the purpose of the contract, and it is reasonable considering the necessity of the amendment, the appropriateness of the amended conditions, and the circumstances concerning the other matters of the amended conditions.

2. 当社は前項による本約款の変更にあたり、変更後の本約款の効力発生日の 2 か月前までに、本約款を変更する旨及び変更後の本約款の内容とその効力発生日を当社ウェブサイト又はその他に掲示し、又は契約者に電子メールで通知します。
2. In the event of the amendment of these Terms in accordance with the preceding paragraph, PBC shall notify the Contractor of the amendment of these Terms, details of the amended Terms, and the effective date of the amended Terms two (2) months prior to the effective date of the amended Terms by posting on PBC’s website or by sending e-mail.

3. 変更後の本約款の効力発生日以降に契約者が本サービスを利用したときは、契約者は、本約款の変更に同意したものとみなします。
3. The Contractor shall be deemed to agree with the amendment of these Terms When the Contractor uses this Service after the effective date of the amended Terms.

第3条(用語の定義)

Article 3 Definition

本約款を正しく理解し、本約款から発生する権利義務関係を明らかにするため、本約款における主要用語について本条に定義するものとします。
So that the Contractor and PBC may understand correctly the terms and conditions set forth in these Terms, major terms are defined as indicated below:

(1)「D365BC」とは、Microsoft Dynamics 365 Business Central をいいます。
(1) “D365BC” means Microsoft Dynamics 365 Business Central.

(2) 「x-Pack」とは、当社が開発した各国言語対応及び各国商習慣対応のローカライゼーション機能を提供するソフトウェアの総称をいい、「J-Pack(日系企業様向け対応)」及び「C-Pack(中国企業様向け対応)」等を含みますがこれに限らないものとします。
(2) “x-Pack” means generic name of software packages developed by PBC (including without limitation, “J-Pack (for Japanese companies)” or “C-Pack (for Chinese companies)”), containing localization functions supporting local languages and local business practices.

(3)「BC-Manufacturing」とは、D365BC を基に、当社が製造業向けに独自に開発したソフトウェアをいいます。
(3) “BC-Manufacturing” means the software which is independently developed for the manufacturing industry by PBC, based on D365BC.

(4)「本ソフトウェア」とは、x-Pack 及び BC-Manufacturing、並びにその他当社が開発したソフトウェアをいいます。
(4) “Software” consists of x-Pack, BC-Manufacturing, and other software developed by PBC.

(5)「本サービス」とは、「本ソフトウェア」を、D365BC に付属するソフトウェアとして、Microsoft Corporation 及び/又はその関連会社(以下、「MS」といいます。)の「マイクロソフト顧客契約」(https://www.microsoft.com/licensing/docs/customeragreement)に基づくオンラインサービスにて、サブスクリプション形態で提供するサービスをいいます。
(5) “Service” means the service which PBC provides with the Contractor as a software attached to D365BC in form of Subscription by the online service under “Microsoft Customer Agreement” (https://www.microsoft.com/licensing/docs/customeragreement)established by Microsoft Corporation and or its affiliates (hereinafter called “MS”).

(6)「サブスクリプション」とは、契約者が当社から一定期間本サービスを利用する権利を受け、その権利を期間中保持することに対して対価を支払う契約をいいます。
(6) “Subscription” means the agreement which the Contractor receives the right to use Service from PBC for a certain period and pays for retaining such right for the duration.

(7)「 関連会社」とは、契約者が支配、又は契約者が支配されている、若しくは契約者と共通の支配下にある法人をいいます。「支配」とは、直接的又は間接的に法人の経営及び方針を支配する権能を有していることをいいます。
(7) “Affiliate” means any legal entity that controls, is controlled by, or is under common control with the Contractor. “Control” means ownership of the power to direct the management and policies of an entity.

(8)「申込者」とは、当社に対して、当社と本サービスの提供に関する契約の締結を希望する者であって、第4条の手続きに従って当社所定の注文書を当社に提出した者をいいます。
(8) “Applicant” means the party who desires to conclude the agreement in relation to the provision of the Service with PBC and submit the order form prescribed by PBC in accordance with the procedure set forth in Article 4.

(9)「承諾済注文書」とは、申込者が当社に対して第4条の手続きに従って提出した注文書のうち、当社が第4条の定めに従ってその内容を承諾したものをいいます(但し、当該注文書に記載された内容のうち当社が承諾した内容に限り当社及び申込者に対して法的効力を有するものとし、本約款においては、当該内容についてのみを対象として「承諾済注文書」といいます。)。
(9) “Accepted Order Form” means the order form submitted by the Contractor to PBC in accordance with the procedure set forth in Article 4 and accepted by PBC in accordance with the procedure set forth in Article 4; provided, however, that, among contents written in the order form, only the content of such order form accepted by PBC shall have effect on PBC and the Applicant and only such content shall mean “Accepted Order Form”.

(10) 「利用契約」とは、本サービスの提供に関し、本約款の定める方法に従って当社と申込者の間において成立した契約であって、本約款が適用される契約をいいます。利用契約には、本約款、承諾済注文書記載の内容、その他本サービスに関する当社と契約者間の書面による合意が含まれます。
(10) “Service Agreement” means the agreement made and entered into by and between PBC and the Applicant in relation to the provision of the Service in accordance with the procedure prescribed in these Terms and to which these Terms shall apply. The Service Agreement shall include these Terms, the content written in the Accepted Order Form, and other written agreement in relation to the Service.

(11)「契約者」とは、申込者のうち当社と利用契約を締結した契約当事者をいいます。
(11) “Contractor” means, among the Applicant, the party who has concluded the Service Agreement with PBC.

第4条(利用契約の締結)

Article 4 Conclusion of Service Agreement

1.申込者は、本約款及びMSの提示する「マイクロソフト顧客契約」の内容を承諾のうえ、当社の発行する見積書の内容と相違ない旨の当社所定の注文書を当社に提出することによって、本サービスの利用申込みを行うものとします。
1. The Applicant shall apply for the Service by submitting the order form prescribed by PBC whose contents are identical to the quotation issued by PBC after accepting the contents of these Terms and “Microsoft Customer Agreement” presented by MS.

2.利用契約は、申込者による前項に従った申込みに対し、当社が当該申込者に対して書面又は電子メールによって承諾の通知を申込者に対して発したときに成立するものとします。
2. The Service Agreement shall be concluded when PBC issues a notice of acceptance in writing or by e-mail to the Applicant’s application in accordance with the preceding paragraph.

3.申込者は、当社から本サービスの再販売を許諾されたパートナー(以下、「再販パートナー」といいます。)に対し、本サービスの利用申込みをすることが出来ます。この場合、申込者の申込みを再販パートナーが承諾したときに利用契約が成立します。なお、申込者が再販パートナーに本サービスの利用申込みをしたときに、本約款の内容を承諾したものとみなします。
3.The Applicant may apply for the Service to the partner who is licensed to resell the Service by PBC (hereinafter called “Resale Partner”). In this case, the Service Agreement shall be concluded when the Resale Partner accepts the Applicant’s application. The Applicant shall be deemed to accept these Terms when the Applicant applies for the Service to the Resale Partner.

4.当社は、申込者が次の各号のいずれかに該当すると判断した場合には、利用契約を締結しないことがあります。
3. PBC may not conclude the Service Agreement if PBC judges that the Applicant falls under any of following items:

(1) 申込者が虚偽の事実を申告したとき
(1) When the Applicant makes a false declaration.

(2) 申込者がサービスの利用にかかる料金の支払を怠るおそれがあるとき
(2) When the Applicant is likely to fail to pay the fee in relation to use of this Service.

(3) 本サービスの提供が困難なとき
(3) When it is difficult for PBC to provide the Service.

(4) 申込者が過去に当社との契約に違反したことがあるとき
(4) When the Applicant has violated the agreements with PBC in the past.

(5) 第 17 条に定める保証、表明に反する事実があったとき、又は、確約に反する行為があったとき
(5) When the Applicant breaches the warranties, representations, or affirmation under Article 17.

(6) 当社の業務の遂行に支障があるとき、その他当社が不適当と判断したとき
(6) When PBC concludes the Service Agreement with the Applicant will hinder PBC’s business performance or when PBC otherwise judges the Applicant inappropriate.

第 5 条(サブスクリプション期間)

Article 5 Subscription Period

1. 利用契約の有効期間(以下、「サブスクリプション期間」といいます。)は、承諾済注文書に記載された本サービスの利用開始日から終了日(終了日が土曜日、日曜日、日本の祝日及び当社の休日である場合は、終了日は前営業日までとします。以下同じ。)までとします。なお、契約者が当社に対して当社の発行する見積書の内容と相違ない旨の当社所定の書式による注文書を提出し、当社が当該注文書を承諾することにより、サブスクリプション期間終了日までに当社と契約者間において更新の合意が成立した場合は、当該合意において定められた期間について、サブスクリプション期間が延長されるものとします。
1. The effective term of the Service Agreement (hereinafter called “Subscription Period”) shall be from the start date to the end date of the Service (if the end date falls on Saturday, Sunday, Japanese national holiday, or PBC’s holiday, the end date shall be moved to the preceding business day, same hereafter) as prescribed in the Accepted Order Form. If the Contractor submits the order form prescribed by PBC whose contents are identical to PBC’s quotation issued by PBC and PBC accepts such order form, and where PBC and the Contractor agree with the renewal of the Service by the end date of the Subscription Period, the Subscription Period shall be extended to the period agreed between PBC and the Contractor.

2. 本サービスでは、最低利用期間の設定がある場合があります。なお、最低利用期間は、承諾済注文書記載のとおりとします。
2. The Service may have the minimum usage period. The minimum usage period shall be prescribed in the Accepted Order Form.

3. 第1項に拘わらず、以下の各号に何れかに該当する場合は、サブスクリプション期間の終了日を待たずに利用契約が解除又は解約されることがあるものとします。
3. Notwithstanding of Paragraph 1, the Service Agreement may be cancelled or terminated regardless of the end date of the Subscription Period if any of the events set forth in following items occur.

(1) 第 10 条又は第 17 条に定める解除に該当する場合。
(1) If either party falls the termination set forth in Article 10 or Article 17.

(2) D365BC についての利用許諾契約(以下、「D365BC 契約」といいます。)が終了する場合。
(2) If the license agreement of D365BC (hereinafter called “D365BC Agreement”) is terminated or expired.

(3) D365BC 契約に拘わらず、当社が本サービスの提供を終了する場合。但し、当社は契約者に対し、少なくとも 12 か月前までに本サービスの提供の終了を通知するものとします。
(3) Notwithstanding of D365BC Agreement, if PBC terminates the Service provision; provided, however, that PBC shall notice the Contractor of the termination of the Service provision at least twelve (12) months in advance.

(4) 契約者が当社に対し、解約を希望する日の 1 ヶ月前までに、書面にて解約の申込を行う場合。なお、利用契約は、契約者作成の解約申込書が当社に到達し、当社が本サービスの利用権限を削除した時点で終了するものとします。但し、契約者は、本号によりサブスクリプション期間終了日前に本サービスの全部又は一部を中途解約する場合、サブスクリプション期間の残期間分の料金相当額を当社に中途解約金として支払うものとします。
(4) If the Contractor applies to PBC for the cancellation of the Service in writing at least one (1) month prior to the desired cancellation date. The Service Agreement shall be cancelled when the cancel application form prepared by the Contractor is reached to PBC and PBC deletes the authority to use the Service; provided, however, that the Contractor shall pay to PBC the amount equivalent to the fee for remaining Subscription Period as an early withdrawal penalty, if the Contractor cancels all or part of the Service before the end date of the Subscription Period.

第6条(契約者との連絡体制)

Article 6 Contact System with the Contractor

1. 契約者は、当社が本サービスを提供するにあたり必要とする情報を、当社の求めに応じ当社に提供するものとします。
1. The Contractor shall provide PBC with the information required for PBC to provide the Service upon PBC’s request.

2. 契約者は、本サービスの利用にあたり、当社との連絡窓口となる者(以下「担当者」といいます。)を定め、その連絡先情報を当社に通知するものとします。また、担当者が変更となった場合は、すみやかに変更後の担当者に関する情報を通知する必要があります。
2. The Contractor shall appoint the person in charge of contact with PBC (hereinafter called “Person in Charge”) and notify PBC of the contact information. If the Person in Charge is changed, the Contractor shall promptly notify PBC of the information in relation to the changed Person in Charge.

3. 本サービスの利用に関する契約者と当社との連絡は、すべて担当者を通じて行うものとします。
3. The communication between the Contractor and PBC in relation to the use of the Service shall be done solely through the Contractor’s Person in Charge.

第7条 (料金の支払い等)

Article 7 Fees and Payment Method

1.本サービスの料金等及び支払方法は、承諾済注文書に記載されたとおりとします。
1.Fees for the Service and the payment method shall be prescribed in the Accepted Order Form.

2.前項の定めにかかわらず、契約者が第4条第3項に基づき再販パートナーに対して本サービスの利用申込みをする場合、本サービスの料金等及び支払方法は、再販パートナーの定めるところによるものとします。
2.Notwithstanding of the preceding paragraph, if the Contractor applies for the Service to the Resale Partner in accordance with Paragraph 3 of Article 4, Fees for the Service and the payment method shall be determined by the Resale Partner.

3.契約者は、承諾済注文書に記載された支払期日までに請求金額を当社へ支払わなかった場合、当該請求金額に加え、支払期日の翌日から支払日までの日数について、当該期間中に適用される法定利率で計算した額を遅延損害金として当社に支払うものとします。
3.If the Contractor fails to pay the invoiced amount by the due date prescribed in the Accepted Order Form, the Contractor shall pay to PBC the invoiced amount and the amount calculated at the statutory interest rate applicable to the relevant excess period as a late charge.

4.各当事者は、本約款に基づき企図される取引に関して他方当事者が負担し、又はそれらに関連して発生する税金であって他方当事者が法令により支払義務を負うものについて、いかなる責任も負いません。かかる税金についてはすべて、法令上かかる租税の支払義務を負う当事者が負担するものとします。
4.The parties are not liable for any of the taxes at all that are incurred or arise in connection with or related to the transactions contemplated under these Terms but the other party is legally obligated to pay for. All such taxes will be the responsibility of the party who is legally liable to pay such tax.

第8条 (本サービスの提供)

Article 8 Provision of the Service

当社は、本約款に基づき善良な管理者の注意義務をもって本サービスを提供するものとします。
PBC shall provide the Service under these Terms with due care of a prudent custodian.

第9条 (本サービスの利用)

Article 9 Use of the Service

1.契約者は、承諾済注文書に記載されたサブスクリプション期間中、本サービスを利用する非独占的権利(以下、「本ライセンス」といいます。)が許諾されます。
1. PBC shall grant the Contractor a non-exclusive right to use the Service during the Subscription Period prescribed in the Accepted Order Form (hereinafter called “this License”).

2.契約者は、本条9項の場合を除き、本ライセンスを自己の業務の範囲内においてのみ自己使用できるものとし、これを譲渡することは出来ないものとします。
2.Excluding the case prescribed in Paragraph 9 of this article, the Contractor may use this License to the extent of the Contractor’s internal operation and may not transfer this License.

3.本ライセンスは非永続的なものとし、サブスクリプション期間の終了日の経過をもって失効するものとします。
3.This License shall be temporary and expire at the end date of the Subscription Period.

4.当社は、契約者の利用に支障を来さないことを条件に本サービスの仕様、内容又は提供条件を予告なく変更する場合があります。この場合、契約者は、当該変更後の内容に基づき本サービスを利用するものとします。
4.PBC may change the specifications, contents, or provision conditions of the Service without prior notice only if such change does not interfere with the Contractor’s use of the Service. In such case, the Contractor shall use the Service in accordance with the changed contents.

5.契約者は、契約者の役員及び従業員による本サービスへのアクセス及び利用を管理するものとし、契約者の役員及び従業員による本約款に違反する本サービスの利用について責任を負うものとします。
5.The Contractor shall control access to and use of the Service by its directors and employees and shall be responsible for any use of the Service that does not comply with this Agreement by its directors and employees.

6.本サービスに基づく本ソフトウェアの著作権、その他の知的財産権及び所有権等に関する一切の権利は、当社に帰属するものとします。 当社は、本約款で明示的に許諾したもの以外のすべての権利を留保します。権利放棄又は禁反言の法理により、権利が明示的又は黙示的に許諾されることはないものとします。
6.All rights in relation to the copyright, Intellectual property rights and ownership of the Software under the Service shall belong to PBC. PBC shall reserve all rights not expressly granted in these Terms. No rights shall be granted or implied by waiver or estoppel.

7.契約者は、本約款に従ってのみ本サービスを利用することができるものとします。契約者は、(ⅰ) 本ソフトウェアのリバースエンジニアリング、逆コンパイル、若しくは逆アセンブルを行い、又はこのような行為を試みること、(ⅱ) 本ソフトウェアの技術的な制限若しくは本ソフトウェアのドキュメントに記載されている制限を回避すること、を行うことはできず、また、これらの行為を行う権利を許諾されないものとします。契約者は、(ⅲ)契約者によるオンラインサービスの使用状況を測定する課金メカニズムを無効にし、改ざんし、その他回避しようとすることはできません。本約款又は本サービスのドキュメントで明示的に許可されている場合を除き、契約者は、(ⅳ)本サービスの全部又は一部の頒布、サブライセンス、レンタル、リース、貸与、再販売又は移転を行うことはできず、また、本サービスを利用して第三者にホスティングサービスを提供することはできません。
7.The Contractor may use the Service only in accordance with these Terms. The Contractor may not (and is not licensed to): (ⅰ) reverse engineer, decompile or disassemble the Software, or attempt to do so; (ⅱ) work around any technical limitations in the Software or restrictions in the Software documentation. The Contractor may not (ⅲ) disable, tamper with, or otherwise attempt to circumvent any billing mechanism that meters the Contractor’s use of the Online Services. Except as expressly permitted in these Terms or the Service documentation, the Contractor may not (ⅳ) distribute, sublicense, rent, lease, lend, resell or transfer the Software, in whole or in part, or use them to offer hosting services to a third party.

8.本サービスに関する遵守状況の確認については、D365BC 契約の規定に準じるものとします。
8.Verifying compliance in relation to the Service shall be in accordance with the provisions of D365BC Agreement.

9.契約者は、当社の承諾を得て契約者の関連会社に本ライセンスの利用を許諾することができます。また、契約者は、第三者が契約者の内部業務において使用するために、本ライセンスをかかる第三者に割り当てることもできます。本サービスに関して、契約者が本項に基づいて関連会社又は第三者にライセンスを許諾する場合、かかる関連会社又は第三者は利用契約の定めを遵守するものとし、契約者は当該関連会社又は第三者 による本サービスの利用に関する当該関連会社又は第三者の行為及び利用契約の定めの遵守について責任を負うものとします。
9.The Contractor may grant the use of this License to its Affiliate upon PBC’s approval.The Contractor also may assign this License to a third party for its use in the Contractor’s internal operation. If the Contractor grants this License to Affiliate or the third party under this paragraph, such Affiliate or third party shall comply with the Service Agreement concluded between PBC and the Contractor and the Contractor shall be liable for any actions of such Affiliate or third party in relation to the use of the Service and for such Affiliate’s or third party’s compliance with the Service Agreement.

第10条 (利用契約の解除)

Article 10 Termination

1. いずれかの当事者が次の各号のいずれか1つに該当したときは、他方当事者は、通知を発することにより利用契約をただちに解除することができるものとします。
1. The Service Agreement may be terminated by one party immediately by issuing a notice in writing to the other party in the event that:

(1) 本約款が定める現在又は将来の義務の履行を怠り、かつ他方当事者より書面による催告がなされたあと 30 日以内にかかる状態が是正されないとき。
(1) The defaulting party is in breach of any of the terms of these Terms and has failed to remedy such breach within thirty (30) days of the receipt of the notice by the other party;

(2) 故意又は過失により本約款が定める以下の義務に違反したとき。
① 第 9 条第 2 項又は第 6 項又は第 7 項 (ライセンスの譲渡、著作権、その他リバースエンジニアリング等の禁止義務)
② 第 14 条第 1 項 (機密情報保護義務)
(2) One party is in breach of following obligations prescribed in this agreement willfully or negligently.
① Paragraph 2 , Paragraph 6, or Paragraph 7 of Article 9 (License transfers, Intellectual property right, or other prohibitions of reverse engineer)
② Paragraph 1 of Article 14 (Confidentiality)

(3) 仮差押え、差押え、仮処分、強制執行、競売の申立て、破産、民事再生、特別清算、会社更生の申立があったとき又は清算に入ったとき。
(3) A petition for temporary seizure, seizure, provisional disposal, compulsory execution, public sale, bankruptcy, civil rehabilitation or corporate reorganization is made by or against the defaulting party;

(4) 公租公課滞納処分を受けたとき。
(4) The defaulting party is subjected to receive any administrative procedures for collection of national tax and other public duties delinquency;

2. 当事者双方が利用契約の解除を共同で希望する場合には、かかる解除は、当事者双方がかかる同意を書面で合意する場合に限り効力を生じるものとします。
2. When both parties jointly want to terminate the Service Agreement, the termination shall be effective only by agreement in writing.

3. 利用契約のいかなる解除も、その時点において既に発生している当事者双方の権利には影響を及ぼさないものとします。
3. Any termination of the Service Agreement shall be without prejudice to already accrued rights existing at the date of termination.

4. 第 1 項に基づき利用契約が解約された場合であっても、解約した当事者は、他方当事者に対して損害賠償の請求をすることができるものとします。
4. Even in the case of termination under Paragraph 1 of this article, one party can request compensation for loss from the other party.

第11条 (本サービスに対する保証)

Article 11 Warranties

1. 本サービスは、当社によって提供されるものであり、MS は、本サービスに関し、いかなる保証も行いません。
1. The Service shall be provided solely by PBC and MS shall make no warranty of any kind in relation to the Service.

2. 本サービスは、D365BC に付属するソフトウェアとしてオンラインサービスにて契約者に提供されるため、D365BC の不稼働を原因として本サービスが動作しない場合があります。また、本サービスは、当社の設備又は本ソフトウェアのやむを得ない事情により、動作しない場合があります。
2. Since the Service is provided to the Contractor by the online service as a software attached to D365BC, the Service may not operate due to non-operation of D365BC. And the Service may not operate due to unavoidable circumstances of PBC’s facilities or the Software.

3. 当社は、第2項前段の事象が発生し、かつ、MS が「Microsoft Online Services サービスレベル契約(以下、「MSSLA」といいます。)」(https://www.microsoft.com/jajp/licensing/product-licensing/products#PT)に定めるサービスクレジットを契約者に付与する場合に限り、MSSLA の D365BC に関する定めに従って本サービスの料金の一部を返還するものとします。
3. Only if the event set forth in the first sentence of Paragraph 2 of this article occurs and MS grants the Contractor the Service Credit set forth in “Service Level Agreement for Microsoft Online Services” (https://www.microsoft.com/ja-jp/licensing/productlicensing/products#PT, hereinafter called “MSSLA”), PBC shall refund a portion of the fee for the Service to the Contractor in accordance with provisions of MSSLA regarding D365BC.

4. 前項の定めは、D365BC に付属するソフトウェアとしての本サービスに関する契約者が有する唯一の権利であって、当社はそれ以外には一切責任を負いません。
4. The provision of the preceding paragraph is the sole remedy that the Contractor has in relation to the Service as a software attached to D365BC and PBC shall have no other responsibilities.

5. 当社は、契約者が本サービスを使用した結果又は使用できなかったことによる結果について、当社に故意又は重大な過失がある場合を除いて、一切責任を負わないものとします。
5. PBC shall have no responsibility for the result of the Contractor’s use or inability of use of the Service except for the case where such result is due to PBC’s willful misconduct or gross negligence.

6. 本約款に定める保証は、本約款に反した使用が原因(事故、不正使用、又はシステムの必要最低要件を遵守していなかったことを含む)で生じた問題には適用されません。かかる保証は、無償版若しくは試用版の製品、プレビュー、限定プラン、又は契約者が再頒布を許可された本サービスのコンポーネントには適用されません。
6.The warranties in these Terms do not apply to the problems caused by the use inconsistent with these Terms (accident, abuse or, including the failure to meet the minimum system requirements). These warranties do not apply to free or trial products, Previews, Limited Offerings, or to components of the Service that the Contractor is permitted to redistribute.

7. 上記の限定的保証を除き、当社は、本サービスについて、品質、権原、権利侵害の不存在、商品性、又は特定目的への適合性を含め、その他いかなる明示、黙示、又は法令上の保証、契約不適合責任その他一切の責任を負いません。
7. Except for the limited warranties above, PBC provides no warranties or conditions for the Service and disclaims any other expressed, implied, or statutory warranties for the Service, liability for a defect of the Software, and other liabilities, including warranties of quality, title, non-infringement, merchantability and fitness for a particular purpose.

第12条(著作権の侵害)

Article 12 Infringement of Copyright

1. 当社は、契約者が本約款に基づき本サービスを利用するに際し著作権者等から一切の権利侵害に問われないことを保証します。
1. PBC shall warrant that the Contractor’s use of the Service is completely free from infringement of any copyright holders, etc.

2. 本サービスの利用に関して第三者から契約者に対し、著作権の侵害等を理由とする賠償請求があった場合には、契約者は、直ちに当社に通知し、その対応(第三者との和解を含む)について当社に一任するものとします。
2. If the Contractor receives any such claim of the damage or the infringement from a third party, the Contractor shall immediately notify PBC of such damage or infringement and leave the response (including the settlement with the third party) entirely to PBC.

第13条 (責任制限)

Article 13 Limitation of Liability

1. 本サービスの利用について、本約款に基づく各当事者の他方当事者に対する損害賠償の責任累計額は、損害賠償の原因となった事実の発生日の直前 12 ヶ月間に契約者が当社に対して利用契約に基づいて支払った金額を上限とし、終局判決で認定された通常損害に限定されます。いかなる場合であっても、発生の経緯を問わず、また、いずれの責任の法理によるものかを問わず、いずれの当事者も、逸失収益、間接損害、特別損害、付随的損害、派生的損害、懲罰的損害、又は使用不能、逸失利益、事業の中断若しくは事業情報の喪失による損害について、一切の責任を負いません。
1. For the use of this Service, the cumulative total amount of each party’s liability for damages to the other party hereto under these Terms shall be limited to the amount that the Contractor pays to PBC under the Service Agreement during the twelve (12) months prior to the occurrence of the fact that caused the damages and limited to ordinary damages finally awarded by the court. In no event will either party be liable for indirect, incidental, special, punitive, or consequential damages, or loss of use, loss of profits, or damages caused by loss of business data or interruption of business, however caused or on any theory of liability.

2. 前項に規定する責任制限は、知的財産権を侵害した場合(第 9 条第 6 項及び第 7 項)、若しくは秘密の漏洩をした場合(第 14 条第 1 項)、契約者による本サービス料金支払債務の不履行の場合(同債務が損害賠償請求権に転化した場合を含む)には適用されません。
2. Limitation of liability set forth in the preceding paragraph shall not be applied in case of infringement of intellectual property (Paragraph 6 and Paragraph 7 of Article 9), divulgence of secret (Paragraph 1 of Article 14), and the Contractor’s failure to pay the Service fee (including the case that such debt is onverted to the claim for damages).

3. 契約者が以下の義務を怠った場合は、当社は、本約款に定める保証又はその他一切の責任を負わないものとします。
3. PBC shall assume no warranty or any other responsibilities set forth in these Terms if the Contractor fails to perform the following obligations.

(1) 契約者は、本サービスを利用するにあたっては、自己の業務を遂行するために必要と認められる範囲で、本ライセンスその他利用契約に基づく権利の適法な行使をすべく、善良なる管理者の注意をもってこれを行うこと。
(1) The Contractor shall legally use the Service with due care of prudent custodian to the extent necessary for the performance of its own business.

(2) 契約者は、本サービスを利用するために必要な仕様を満たしたコンピュータ等のハードウェア、周辺機器、オペレーティングシステム等の環境を、自らの責任と費用において確保維持すること。
(2) The Contractor shall prepare and maintain the environment such as hardware, peripheral device, and operating system which meet specifications necessary for using the Service at its own responsibility and cost.

第14条 (機密保持)

Article 14 Confidentiality

1. 契約者及び当社は、利用契約の締結前かサブスクリプション期間の終了日経過後かを問わず本サービスの利用に関して相手方から提供された情報及び資料について、機密である旨の指定の有無にかかわらず、サブスクリプション期間のみならず、利用契約終了後も本サービスの履行以外の目的に供さず、書面による事前の合意なしに第三者に漏洩しないものとします。但し、かかる義務は本項各号に該当する情報には適用されないものとします。
1. The Contractor and PBC shall keep secrecy of information and documents provided by the other party hereto in relation to the use of the Service as confidential and shall use them only for the purpose of performance of the Service, regardless whether or not they are designated as confidential, not only during but also after the Subscription Period. Neither party shall disclose such information to any third party without the written consent of the other party hereto. These obligations shall not apply to any of the following information:

(1) 開示時に既に公知・公用であった情報
(1) Information already in the public domain prior to disclosure.

(2) 被開示者の責に帰することなく公知・公用となった情報
(2) Information that comes into the public domain without any responsibility of the recipient.

(3) 被開示者が正当な権原を有する第三者から機密保持義務を負うことなく取得した情報
(3) Information that is rightfully acquired without any obligation of secrecy from the third party who has the title.

(4) 被開示者が相手方から開示された情報によらず独自に開発した情報
(4) Information that is developed independently and without reference to any information communicated by the other party hereto.

(5) 被開示者が開示を受ける前から保有していた情報
(5) Information in the lawful possession of the recipient prior to the receipt from the discloser.

2. 契約者及び当社は、法令に基づき裁判所、捜査当局もしくは監督官庁から書面による秘密情報の開示請求を受けた場合、その開示請求の目的範囲内で裁判所等に秘密情報を開示できるものとします。但し、契約者又は当社は、相手方に対し、当該開示先、開示請求の目的及び開示する秘密情報を速やかに通知するものとします。
2. If the Contractor and PBC receives written disclosure request by order of any court, regulatory body, or investigating authority in accordance with relevant law, the Contractor and PBC may disclose confidential information to the extent of the purpose of such disclosure request. In this case, the Contractor or PBC shall notify the other party hereto of the name of the party to whom the information is disclosed, the purpose of disclosure request, and the confidential information which is disclosed.

第15条 (個人情報)

Article 15 Personal Information

1. 当社は、当社ウェブサイト「個人情報取扱」(URL:https://www.pbc.co.jp/company/privacy/)に定めるところにより、本サービスの提供に関し、当社が契約者に関して取得した個人情報を利用するものとします。
1. PBC shall process personal information acquired by PBC from the Contractor in relation to the provision of the Service in accordance with “Privacy Policy” (URL: https://www.pbc.co.jp/company/privacy/) in PBC’s website.

2. 当社は、MS の請求がある場合、本サービスに係る契約者の個人情報を MS に提供することがあります。契約者は、当社の MS への契約者の個人情報の提供に同意するものとします。
2. PBC may provide MS with the Contractor’s personal information in relation to the Service upon MS’s request. The Contractor shall agree with PBC’s provision of the Contractor’s personal information to MS.

第16条 (雑則)

Article 16 Miscellaneous

1. 契約者は、当社の書面による事前の承諾なくして、利用契約上の地位を第三者に継承させ、又は利用契約に基づく権利義務の全部若しくは一部を第三者に譲渡し、引き受けさせ若しくは担保に供してはなりません。
1. The Contractor shall not have any third party succeed to the status under the Service Agreement or assign, transfer, delegate, or offer as collateral all or part of the rights and obligations arising out of the Service Agreement to any third party without prior written consent of PBC.

2. 本約款のいずれかの部分が執行不能と判断された場合でも、その他の部分は引き続き完全に効力を有します。
2. If any part of these Terms is held to be unenforceable, the rest of these Terms shall remain in full force and effect.

3. 当社が本約款のいずれかの規定の履行を強制しなかった場合でも、権利を放棄したものとはみなされません。
3. Failure to enforce any provision of these Terms shall not constitute a waiver.

4. 利用契約は、当社と契約者との間で代理関係、パートナーシップ、又は合弁事業を形成するものではありません。
4. The Service Agreement does not create an agency, partnership, or joint venture between PBC and the Contractor.

5. 利用契約には、本約款第9条第9項に定める場合を除き、第三者の受益者は存在しません。
5. There are no third-party beneficiaries to the Service Agreement excluding the case set forth in Paragraph 9 of Article 9.

6. 当社は、本サービスの実施のために当社の業務の一部を第三者に委託することができるものとします。当該委託業務の実施については、本約款の条項に従って、当社が契約者に対してその責任を負います。
6. PBC may subcontract a part of PBC’s operation to a third party in order to perform the Service. PBC shall be responsible for their performance in accordance with the provisions of these Terms.

7. 各当事者は独立の契約当事者です。各当事者はそれぞれ、利用契約に反することなく、かつ、他方当事者の秘密情報を用いない限り、独自に製品を開発することができます。
7. The parties are independent contractors. The Contractor and PBC each may develop products independently unless violating the Service Agreement nor using the other party’s confidential information.

8. 契約者は、利用契約に反しない限り、当社以外の製品又はサービスについて、ライセンスの取得、使用、又は販売促進を行うための契約を自由に締結することができます。
8. The Contractor shall be free to enter into agreements to license, use, and promote the products and services other than PBC, as long as such agreements do not violate the Service Agreement.

9. 利用契約の解釈及び履行は、日本法を準拠法とします。利用契約に関する一切の争訟については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
9. The construction and performance of the Service Agreement shall be governed by and construed in accordance with the laws of Japan. If a need for litigation related to the Service Agreement arises, the party shall submit to the exclusive jurisdiction by consent of the first instance in Tokyo District Court.

10. サブスクリプション期間中のみに履行が要求される本約款の条項を除き、本約款のすべての規定は、利用契約終了後も有効に存続します。
10. All provisions survive termination of the Service Agreement except those requiring performance only during the Subscription Period.

11. 契約者は、適用されるすべての国際法及び国内法(マイクロソフトの製品、サービス及びテクノロジに関係する米国輸出管理規則、国際武器取引規則、並びに米国及びその他の政府機関によるエンドユーザー、エンドユーザーによる使用、及び輸出対象国に関する規制を含む)を遵守しなければなりません。
11. The Contractor shall comply with all applicable international and national laws, including the U.S. Export Administration Regulations, the International Traffic in Arms Regulations, and end-user, end use and destination restrictions by U.S. and other governments related to Microsoft products, services, and technologies.

12. いずれの当事者も、各当事者の合理的支配を越えた原因による債務の不履行については、一切責任を負いません。こうした合理的支配を越えた原因とは、火災、爆発、停電、地震、洪水、暴風雨、ストライキ、禁輸措置、労働争議、疫病、政府又は軍事機関による行動、戦争、テロリズム (サイバーテロリズムを含む)、天災、インターネット通信業者の作為又は不作為、規制機関又は政府機関の作為又は不作為 (オンラインサービスの提供に影響する法規制の制定又はその他の政府の行為を含む)などをいいます。但し、利用契約に基づく契約者の支払義務に関しては、本項は適用されません。
12. Neither party will be liable for any failure in performance due to causes beyond that party’s reasonable control (such as fire, explosion, power blackout, earthquake, flood,severe storms, strike, embargo, labor disputes, acts of civil or military authority, war, terrorism (including cyber terrorism), acts of God, acts or omissions of Internet traffic carriers, actions or omissions of regulatory or governmental bodies (including the passage of laws or regulations or other acts of government that impact the delivery of Online Services)). This Paragraph shall not, however, apply to the payment obligations under the Service Agreement.

13. 契約者が法人に代わって本約款の条項に同意する個人である場合、契約者は、当該法人に代わって利用契約を締結する法的権限を有していることを表明します。
13. If the Contractor is an individual accepting the provisions of these Terms on behalf of an entity, the Contractor represents that the Contractor has the legal authority to enter into the Service Agreement on that entity’s behalf.

第17条(反社会的勢力との絶縁の保証)

Article 17 Special Provisions on Exclusion of Antisocial Force

1.契約者及び当社は、その相手方に対し、次の各号の事項を確約します。
1.The Contractor and PBC shall affirm to the other party hereto that the Contractor and PBC is a person falling under any of the following items:

(1) 自らが、暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、政治運動標ぼうゴロ、特殊知能暴力軍団、その他反社会的勢力(以下「暴力団等反社会的勢力」と言う。)ではないこと。
(1) Who does not constitute or belong to boryokudan crime syndicates, members of boryokudan crime syndicates, associate members of boryokudan crime syndicates, boryokudan affiliated companies, sokaiya racketeer groups, groups engaging in criminal activities under the pretext of conducting social campaigns or political activities, crime groups specialized in intellectual crimes, and other antisocial forces (hereinafter called “Antisocial Forces Such As “Boryokudan” Crime Syndicates”);

(2) 自らの役員(業務を執行する社員、取締役、執行役又はこれらに準ずる者をいう。以下同じ。)及び従業員が反社会的勢力ではないこと。
(2) Whose directors (personnel, administrators, executive officers, or any other equivalent person of above who execute the operations; the same shall apply hereinafter) and employees are not antisocial forces; and

(3) 暴力団等反社会的勢力に自己の名義を利用させ、利用契約を締結するものではないこと。
(3) Who shall not allow Antisocial Forces Such As “Boryokudan” Crime Syndicates to utilize its name to execute the Service Agreement;

(4) 自ら(役員及び従業員を含む)又は第三者を利用して、次の行為をしないこと。
① 相手方に対する脅迫的な言動又は暴力を用いる行為
② 偽計又は威力を用いて相手方の業務を妨害し、又は信用を毀損する行為
③ 暴力団等反社会的勢力の利用
④ 暴力団等反社会的勢力への参加
⑤ 資金提供や便宜・利益の供与等の暴力団等反社会的勢力の維持運営に協力又は関与する行為
⑥ ①から⑤に準ずる行為

(4) Who (including directors and employees) shall not conduct or make use of any third party to conduct the following acts:
(i) Use of intimidating words or actions to the other party hereto;
(ii) Obstruction of the business or damage to the credit of the other party hereto by use of fraudulent means or force;
(iii) Use of Antisocial Forces Such As Boryokudan Crime Syndicates;
(iv) Participation in Antisocial Forces Such As Boryokudan Crime Syndicates;
(v) Cooperation or involvement in operation and maintenance of Antisocial Forces Such As Boryokudan Crime Syndicates, including funding and giving benefits; and
(vi) Acts equivalent to any of the above.

2.契約者及び当社は、相手方が前項の該当性の判断のために調査を要すると判断した場合、その調査に協力し、これに必要と判断する資料を提出しなければなりません。
2.If the other party hereto judges that investigation is required to determine whether the case falls under any of the items in the preceding paragraph, the Contractor and PBC shall cooperate with the investigation and submit data deemed necessary for the investigation.

3.契約者又は当社の一方について、次のいずれかに該当した場合には、その相手方は、何らの催告を要せずして、利用契約を解除することができます。
(1) 第1項(1)又は(2)の確約に反する申告をしたことが判明した場合
(2) 第1項(3)の確約に反し契約をしたことが判明した場合
(3) 第1項(4)の確約に反する行為をした場合

3.The Contractor or PBC shall terminate the Service Agreement without any notice or demand in cases where the other party hereto falls under any of the following items:
(i) When it is revealed that its declaration is against the affirmation under Item (1) or (2) of Paragraph 1;
(ii) When it is revealed that it executes the agreement contrary to the affirmation under Item (3) of Paragraph 1; or
(iii) When its conduct is against the affirmation under Item (4) of Paragraph 1.

4.第3項の規定により利用契約が解除された場合には、解除された者は、解除により生じる損害について、その相手方に対し一切の請求を行うことはできません。
4.If either party hereto terminates the Service Agreement under Paragraph 3, the other party hereto shall not claim against the said party for any damage caused by the termination.

5.前項の定めに基づく解除によって解除する者に損害が生じ、相手方に対し損害賠償請求をする場合は、第13条の定めは適用されないものとします。
5.If the terminating party incurs damages due to the termination under the preceding paragraph and claims damages to the other party, Article 13 shall not be applied.

第18条 (協議事項)

Article 18 Consultation

利用契約に定めのない事項、利用契約の定めのうち疑義の生じた事項については、当事者双方で別途協議の上これを決定するものとします。
Matters not stipulated in the Service Agreement or any other ambiguities that arise in relation to the Service Agreement shall be amicably settled through separately consultation in good faith by the Contractor and PBC.

(20210517)

 

 

 

導入事例、セミナー、製品紹介の資料ダウンロード

30社以上の導入事例が掲載された資料や、セミナー資料、製品紹介資料がダウンロードいただけます。
Microsoft Dynamicsを、もっとご理解いただくための資料はこちらから。

導入事例の詳しい内容は、PDFにてご覧いただけます。資料ダウンロードはこちらから
お電話でのお問い合わせ 03-5796-7051 月曜日~金曜日 9:00~18:00