取扱製品 取扱製品 取扱製品

Microsoft Dynamics NAV
中国版(簡体字/繁体字)

Microsoft Dynamics® NAV 中国版は、Dynamics NAV標準英語版をベースにパシフィックビジネスコンサルティングが独自に開発した、Dynamics NAVの中国向けパッケージです。 Microsoft Dynamics NAV 中国版には、中国本土向けパッケージ(簡体字、通称C-Pack)と香港向けパッケージ(簡体字、通称H-Pack)の二種類があります。スクリーンテキストの中国語(簡体字/繁体字)表示及び中国の法的要件を満たすための機能を実装しています。

C-Packの特長

中国基準の各種法定帳票を実装し、中国特有の会計制度に対応できるよう追加機能を搭載したほか、中国政府より利用の義務付けられている、 金税システム*とのインターフェイスを設けています。
また、中国の現地会計・法制度への対応とともに、中国進出日系企業が子会社の管理を行う上で必要とする機能も重視しており、日本本社基準、中国基準の双方の勘定科目表を保持できる機能や、両国の基準に対応した財務諸表出力機能を備えています。オプションとしてすでに販売しているMicrosoft Dynamics NAV日本語バージョンに搭載された、日本向け機能の一部も取り入れることが可能です。
なお本パッケージは、上海で必要とされる、中国財政局への企業情報電算化管理登録制度にも適応しています。Microsoft Dynamics NAV C-Packより出力可能な会計データ及びその他必要書類を提出・申請することで、中国(上海)で利用可能なERPシステムとして登録することができます。既に申請登録を完了し、Dynamics NAVをご利用されている当社ユーザー企業様もいらっしゃいます。

  • 金税システム

    中国の間接税の一つである増値税の請求書を発行するためのシステム。中国政府指定のシステムであり、増値税請求書は必ず金税システムから発行しなければならない。

C-Pack機能の一例

金税システムとのインターフェイス

Microsoft Dynamics NAV C-Packでは、入力された受注データを集めてテキストファイル形式で出力する機能により、ユーザーは生成されたファイルを金税システムにインポートする運用が可能となり、発票の効率を大幅に向上できます。金税システムからエクスポートした発票番号をMicrosoft Dynamics NAVにインポートすることも可能です。

  • 中国基準勘定科目コード対応

    中国独自の勘定科目体系に合致するよう、勘定の設定が可能です。

  • 各種帳票・レポート

C-Pack機能一覧

H-Packの特長

香港はかつてイギリスの植民地であったことから、現在でも特別行政区として位置づけられており、法的、税制要件は中国本土とは異なってます。香港には付加価値税、源泉税は存在しないため、ERPでの税対応は非常にシンプルです。Microsoft Dynamics NAV H-Packは、香港で使用されている繁体字でのスクリーン表示、及びビジネスで一般的に使用される帳票類を搭載しています。

 

 

導入事例、セミナー、製品紹介の資料ダウンロード

20社以上の導入事例が掲載された資料や、セミナー資料、製品紹介資料がダウンロードいただけます。
Microsoft Dynamicsを、もっとご理解いただくための資料はこちらから。

導入事例の詳しい内容は、PDFにてご覧いただけます。資料ダウンロードはこちらから
お電話でのお問い合わせ 03-5796-7051 月曜日~金曜日 9:00~18:00