取扱製品 取扱製品 取扱製品

Microsoft Dynamics 365 Business Central
グローバル対応の中堅・中小企業向けクラウドERP

Microsoft Dynamics NAV(旧称:Navision)は、新たにMicrosoft Dynamics 365 Business Centralとなり、Dynamics NAVのすべての機能を備えたクラウドベースのオールインワンビジネス管理ソリューションです。豊富な機能群、多言語・多通貨、IFRS対応機能を備え、複数拠点に適している点など、シンプルなデザインでありながらも高い機能性を備えたERPパッケージであることが評価され、現在のMicrosoft Dynamics 365 Business Centralの導入実績は全世界で23万社以上に上っています。株式会社パシフィックビジネスコンサルティングは、日本版、中国版(簡体字/繁体字)、タイ版など各地域に合わせ独自開発したパッケージと運用コンサルティングを提供しています。

Microsoft Dynamics 365 Business Central 特長

Dynamics 365 Business Centralは、SaaS版とオンプレミス版の両方が提供されています。お客様の体制やコスト、ご利用方法に応じてさまざまな運用形態を選択いただくことが可能です。SaaSとオンプレミスを組み合わせたハイブリッド運用にも対応しています。

Dynamics

いつでも、どこでも”モバイルERP”

PCからの利用はもちろん、タブレットやスマートフォンからの利用も標準でサポートされています。外出先で見積を作成し顧客にメールする、タブレットを片手に棚卸を行い、その場で結果を入力するなど、OSやデバイス、利用場所を選ばないモバイルERPという新しいワークスタイルを獲得することができます。

Dynamics

グループ経営管理を強化する”2層ERPモデル”

中堅・中小企業向けのコンパクトなクラウドERPという特性を生かし、国内外の関係子会社を一元的に管理するためのTier 2 ERPとして活用されるケースも多くあります。Dynamics 365 Business Centralの上位版製品であるDynamics 365 Finance , Supply Chain ManagementをTier 1 ERPとして活用したDynamics統一モデルでの導入も可能です。

Dynamics

Microsoft Dynamics 365 Business Central 機能概要

Microsoft Dynamics 365 Business Centralは、Microsoft社の中堅・中小企業向けERPである、Dynamics NAVの機能を継承した多言語・多通貨対応のクラウド型ERPソリューションです。
以下の機能概要図に記載の通り、すべてのモジュールが密接に連携することで2重入力を排除し、さらにリアルタイムでの業績把握が可能です。

Dynamics

パシフィックビジネスコンサルティングでは、導入前にERPを実際に使ってみたい方/ERPの選定で後悔したくない方等に対して、期間限定で、Dynamics 365 Business Central トライアルキットをご提供しております。詳細は、下記専用ページをご覧ください。




基本画面:ロールセンター

使いやすさを徹底的に追及して開発されたWeb画面では、ユーザが必要な情報をタイムリーに提供し、またそれを活用して新たな行動をとるための処理画面を提供します。システムを利用する個々のユーザーは、業務も嗜好も様々であるため、全員が同じユーザーインターフェースを利用して業務を行うことは効率的であるとは言えません。それぞれの役割に合わせたインターフェイスを活用することで、日々の業務を快適に進めることができます。システムにログインすると最初に表示される基本画面がロールセンターです。業務別に異なる画面が標準で多数用意されており、カスタマイズにより新たなロールセンターを作成することも可能です。情報を選択表示できるため必要な機能へのアクセスが容易になり、業務効率を向上させることができます。また個々のユーザーは、日々のステータス、優先して取り組むべき業務等を画面上で確認することができます。

Dynamics

財務管理

財務管理モジュールはすべての機能の中心です。会計処理を効率化し財務情報の多角的な分析を支援します。財務管理モジュールと他のモジュールの間にリンクを確立させて会計仕訳を自動的に生成させるためには「転記グループ」を使用します。この転記グループの組み合わせにより、転記先の勘定が決まります。例えば、受注による得意先への品目販売では、勘定項目を直接指定することはありませんが、得意先や品目に予め転記グループを割り当てておくことにより、適切な勘定へのマッピングが実現し、自動的に会計仕訳が生成されます。また、転記グループを利用することで消費税の設定も自由に行うことができます。

Dynamics

Power BI連携

Microsoft社がクラウドサービスとして提供するBusiness Intelligenceツール「Power BI」との連携によって、より直感的に企業の状態を把握することができます。Power BIで作成したグラフやチャートはDynamics 365 Business Centralの画面上に表示することもできるため、あたかも専用のBI機能のように活用いただくことができます。

Dynamics

各国ローカライゼーションを提供

パシフィックビジネスコンサルティングでは、日本をはじめ中国・香港・タイといったアジア各国でDynamics 365 Business Centralをご利用いただくためのローカライゼーション機能を順次*1開発し、提供してまいります。

  • *1 2018年10月より順次提供を開始。

お申込み方法

以下のページよりお問い合わせください。Microsoft Appsourceよりお申込みいただいたお客様には弊社担当者より提供方法についてご案内させていただきます。

各国ローカライゼーション

パシフィックビジネスコンサルティングでは、以下4か国の言語/商習慣対応機能を順次提供して参ります。

日本商習慣対応(J-Pack)

画面の日本語化に加え、月締め請求機能、消費税レポート、ファームバンキング対応など日本固有の商習慣への対応を行っています。
日本商習慣パッケージの詳細はこちら

中国商習慣対応(C-Pack)

画面の中国語(簡体字)対応に加え、金税システムとの連携や中国基準勘定科目への対応、および各種法定帳票の出力機能を有しています。
中国商習慣パッケージの詳細はこちら

香港商習慣対応(H-Pack)

画面の中国語(簡体字)対応に加え、各種ビジネス帳票の出力に対応しています。
香港商習慣パッケージの詳細はこちら

タイ商習慣対応(T-Pack)

画面のタイ語対応に加え、源泉徴収税への対応、および各種法定帳票の出力機能を有しています。
タイ商習慣パッケージの詳細はこちら

Dynamics 365 Business Central ローカライゼーション/業種別ソリューション

Dynamics 365 Business Central ローカライゼーション