取扱製品 取扱製品 取扱製品

Dynamics AX プロセス製造業向けソリューション

AX-PROCESS MANUFACTURINGは化学工業や製薬(※)、食品・飲料製造、半導体、油種配合などの業種に対応した、Microsoft Dynamics® AXのプロセス製造業向けソリューションです。
加工・組立型の生産形態とは異なり、これらの業種では不定貫での在庫管理や厳格な品質検査、細やかなロットトレースなど、さまざまな機能が要求されます。
AX-PROCESS MANUFACTURINGは、このようなニーズに応えるソリューションです。

  • PBCでは、GMP(Good Manufacturing Practice: 適正製造規範)に対応した医薬・化粧品業向けソリューション「AX for Pharma」の提案・構築も行っております

ソリューションの概要

MPS、MRPに基づいた生産計画・発注計画の自動作成から、配合表管理、連産品・副産物の管理、不定貫での在庫管理、工程ごとの品質検査、ロットトレースまで、プロセス生産において求められるさまざまな機能を網羅しています。

AX-PROCESS MANUFACTURINGの特長

プロセス製造業においては、組立型製造業とは異なる管理手法への対応が求められます。
ここでは、AX-PROCESS MANUFACTURINGが提供するさまざまな機能の中から特徴的な内容を記載します。

配合表(フォーミュラ)の管理

組立型製造業における部品表(BOM)に相当するのが、配合表(フォーミュラ)です。
配合表(フォーミュラ)の機能の中から、プロセス生産において特徴的な機能を以下にご紹介します。

柔軟な配合表(フォーミュラ)マスター
  • 代替原料と優先順位をあらかじめ指定しておくことにより、主原料が取り扱えない場合など、所要量計算時に代替原料を引き当てることができます。
  • 最小注文数量・最大注文数量の指定が可能。最大注文数量を超えた場合は自動で生産指示が分割されます。
  • 原料の所要量は、「数量」だけではなく「配合比率」による指定も可能です。
代替原料の指定やバージョン管理など、柔軟な配合表管理の機能を実装しています。
バージョン管理
日付・生産量・製造現場ごとに複数の配合表(フォーミュラ)を登録することができます。
これにより、「生産量によって原料の配合割合が異なる」、「生産する時期や工場によって、原料の調達先が変わる」など、複雑な業務要件にもスムーズに対応することができます。
連産品・副産物の管理
配合表(フォーミュラ)には、完成品だけではなく連産品や副産物をあらかじめ登録しておくことができます。 連産品には配賦率を指定しておくことにより、原価の配賦を行うことができます。 また、これらは完成時に手動で計上することも可能なため、偶発的に生成される副産物についても管理可能です。

生産計画/製造指示

マスタースケジューリング機能では、生産計画や原材料の所要量計算を行います。 見込生産、受注生産など様々な生産形態に対応した計画立案が可能です。

マスタープラン
需要予測(または受注データ)、在庫数量、および配合表(フォーミュラ)に基づいて、生産計画や発注計画を作成します。 マルチサイトにも対応し、拠点/倉庫間での在庫移動計画の作成も可能です。
供給スケジュール/ガントチャート
マスタープランに基づき在庫推移の予測や、ガントチャートを用いた生産スケジュールの確認が行えます。
ガントチャートによる生産計画の確認・調整画面。
原料ロット引き当て
原料の引当は自動・手動の両方に対応しています。手動で引き当てる場合は、原料の成分含有量を指定したロット引当が行えます。
バッチ生産方式への対応
バッチ生産方式に対応し、製造工程とそれに関連する複数の梱包工程をまとめて管理することができます。
バッチ生産方式に対応し、複数の製造オーダーのとりまとめが可能。
原料投入実績/稼働実績の管理
原料の投入量は自動で表示される提案数量(理論値)を参考に実投入数量を手入力することができます。
作業時間は手入力するほか、出退勤記録からの自動計上にも対応しています。
出退勤記録を元にした作業時間の自動集計も可能です。

品質検査/在庫管理

プロセス製造業においては、取扱い品目の特性から厳格な品質管理が求められるケースが多く存在します。
Microsoft Dynamics AXでは生産管理・在庫管理・品質検査の各モジュールが同一データベース上で密に連携して稼働するため、このような要件をクリアし業務効率化と管理レベルの向上を同時に実現できます。

品質検査モジュールを標準で実装。受入検査や工程内検査など任意のタイミングで検査を実行することができます。
品質検査
製品の最終検査の他、購買品の受入検査や工程内検査など、任意のタイミングで品質検査を行うことができます。
検査項目はお客様の業務に合わせて設計できるほか、破壊検査にも対応し「検査のたびに在庫を調整する・・」といった煩わしさからも解放されます。
在庫ステータス/品質保持期限
品質検査の結果は、ロット番号ごとに保有する在庫ステータス(バッチ廃棄コード)に反映されます。 他にも、有効期限などの情報を保有しており、これらの情報を元に出庫制限や期限切れアラートの表示、所要量計算時に在庫に含めない、など細やかなコントロールが行うことができます。
不定貫の在庫管理
在庫の保管単位とは別に、「不定貫」単位での管理が可能です。 例えば、”箱”と”重量”、”缶”と”質量”など、1品目に対し2つの単位を扱うことができます。
不定貫の在庫管理に対応。

他モジュールとの連携

AXの生産モジュールは、ERPとして販売、購買、在庫、会計、品質検査など他モジュールと強力に連携をしているため、受注生産対応、製造に必要な原料発注、完成品の品質検査モジュールへの連携等がAX標準でサポートされます。
また、会計モジュールと連動し関連する仕訳が自動で発生します。

 

導入事例、セミナー、製品紹介の資料ダウンロード

30社以上の導入事例が掲載された資料や、セミナー資料、製品紹介資料がダウンロードいただけます。
Microsoft Dynamicsを、もっとご理解いただくための資料はこちらから。

導入事例の詳しい内容は、PDFにてご覧いただけます。資料ダウンロードはこちらから
お電話でのお問い合わせ 03-5796-7051 月曜日~金曜日 9:00~18:00