取扱製品 取扱製品 取扱製品

Microsoft Dynamics 365 Finance , Supply Chain Management

大企業・中堅企業向けグローバルERPソリューション

Microsoft Dynamics 365 Finance 及び Dynamics 365 Supply Chain Management(旧称:Dynamics 365 Finance and Operations /
Microsoft Dynamics AX)は、販売、購買、会計、サプライチェーン管理、生産管理、プロジェクト会計、流通、小売業向け機能などの企業の基幹業務を中心に豊富な業種業態に対応できるソリューションをご提供します。グローバルでビジネスを展開される企業様においても、基幹システムの統合を実現しながら、各拠点の業務の最適化を同時に実現することが可能です。海外では、3,000ユーザ以上の利用事例もあり、近年、着実に大企業への導入実績が増加しつつある同製品の現在の導入実績は、世界130以上の国や地域で20,000社を超えています。

Microsoft Dynamics 365 Finance , Supply Chain Management 特長

Microsoft Dynamics 365 Finance / Dynamics 365 Supply Chain Managementは、柔軟性、スケーラビリティ、及び俊敏性を兼ね備えた包括的なSaaS ERPソリューションとなります。各製品の中核となる資料は、以下の通りとなります。

D365 Finance Supply Chain

  1. 財務パフォーマンスの向上
    財務インテリジェンスやプロセスの自動化などを提供するグローバルな財務管理
  2. コネクトされたスマートなオペレーション
    製造プロセスの最適化やリソース管理の簡素化などのソリューション
  3. サプライチェーンの自動化と合理化
    統合されたアプリケーションで調達プロセスを合理化したり、
    ロジスティックの近代化などをサポート
  4. 適応性を備えた最新のプラットフォームによるイノベーション
    変化する要件にすばやく適応するためのサービス,ツール,
    クラウドプラットフォーム


Dynamics 365 Finance , Supply Chain Management 中核機能

ここでは、Dynamics 365 Finance , Supply Chain Managementに含まれる機能の一例をご紹介しております。
詳細の説明が必要な際は、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

Finance Supply Chain Function

Microsoft Dynamics 365 Finance / Supply Chain Management 機能概要

Microsoft Dynamics 365 Finance / Dynamics 365 Supply Chain Managementは、販売、購買、会計、サプライチェーン、生産管理といったERPの基本機能に加え、プロジェクト会計や流通・小売業向けの機能を備えた、あらゆる業種の企業に対応可能です。
Microsoft Dynamics 365 Finance, Supply Chain Managementは、以下の業務範囲をカバーしています。

Dynamics 365 concept

シンプルな操作性

ERPの導入においては、導入製品が多機能でありシステム化の範囲が大きければ大きいほど高い導入効果が見込まれますが、その反面、ユーザー部門がシステム操作を習得するために多くの時間と工数を要してしまうというジレンマがあります。 Dynamics 365 Finance, Supply Chain Managementでは、シンプルな画面設計と操作性によって、ユーザーに負担をかけない工夫がなされています。

ユーザーフレンドリー:タスクレコーダー

Microsoft Dynamics 365 Finance / Dynamics 365 Supply Chain Management上で行われた一連のシステム操作をマクロのように記録するタスクレコーダー機能が用意されています。記録された処理は、サーバー上や個人のPC上に保存し随時参照できる他、スクリーンショットを貼りつけた状態でWord形式で出力することも可能なため、運用マニュアルを自動作成するツールとしても活用できます。

Dynamics 365 concept

ワークスペース

「発注書を作成する」や「与信をチェックし督促を行う」など、一連の業務の処理するために必要な情報や処理メニューを1つの画面上に表現する「ワークスペース」機能により、ユーザーは操作に迷うことなく自分が行いたい処理を実施することができます。標準的なワークスペースは予め用意されており、さらにユーザー自身が自社の業務フローに合わせて作成・編集することも可能です。

Dynamics 365 concept