取扱製品 取扱製品 取扱製品

Dynamics 365 for Sales

顧客情報の管理や営業案件の進捗管理、営業担当者の行動管理などを行うことができます。Webブラウザやモバイルアプリからの利用の他、Outlookからもアクセスが可能です。 顧客とのアポや面談内容、メールのやり取りなどをOutlookと相互に連携できるため、これまでの業務を大きく変えることなくスムーズなシステム導入が実現できます。

機能概要

商談前段階においては「リード」の管理からメールマーケティング、イベント出欠管理などの各種キャンペーン管理が行えます。さらに商談化以降は「営業案件」の作成や追跡、営業担当者の行動管理、カタログや提案書などのドキュメント管理まで幅広い業務領域をカバーしています。

マーケティング機能

自社が保有する顧客リスト(ハウスリスト)を「リード」として管理します。各種キャンペーンの立案や実行、ターゲットリストの作成、キャンペーン結果の登録まで一連のマーケティング業務をカバーしています。

マーケティングリスト

さまざまな条件を組み合わせてリードを抽出する「マーケティングリスト」を自由に作成できます。リードのセグメンテーションやターゲティングを適格に行うことでキャンペーンの効果を引き上げることが可能です。

Dynamics 365 concept

キャンペーン

マーケティングリストに対する一連のマーケティング活動を「キャンペーン」として登録します。”展示会の集客のために広告の出稿とテレマーケティングを実施する”といったように、1つのキャンペーンの中に複数の活動を盛り込むことも可能です。

Dynamics 365 concept

SFA/CRM機能

商談化以降の営業プロセスにおいては、営業案件の管理や営業担当者の行動管理がメインとなります。Dynamics 365 for Salesでは以下のような機能を提供しています。

ダッシュボード

自社が保有する営業案件の進捗状況や売上予測が一目でわかるダッシュボードが用意されています。表示する情報は利用者が自由に設計することが可能です。

Dynamics 365 concept

営業案件

それぞれの商談に対する提案状況や折衝記録を管理できます。SharePointやOneNoteと連携することで、提案書などのドキュメント管理/共有や議事録作成など、商談を進める上で必要となる業務を大きく効率化することができます。

Dynamics 365 concept

プロセス管理

商談の進め方を「プロセス」としてシステム上に定義することができます。これにより個々の商談の進捗状況の管理が可能になるとともに、商談プロセスの属人化を防ぎ全社的な受注率の向上につなげることができます。

Dynamics 365 concept

Office 365連携

Dynamics 365は、同じMicrosoft製品であるMicrosoft OfficeおよびOffice 365と強力に連携します。 ここではOutlook連携、Excel連携についてご紹介します。

Outlook連携

Dynamics 365へのアクセスには通常Webブラウザやモバイルアプリを利用しますが、メールクライアントであるOutlookからもアクセスが可能です。顧客とのアポやメールのやり取りを全てDynamics 365 for Salesに同期させることができるため、これまでのSFAのように”お客様にメールで提案資料を提示して、SFAにも同じ情報を入力し提案書をアップロードする”といった煩わしい処理は不要です。

Dynamics 365 concept

Excel連携

Dynamics 365には、Excel上でテンプレートを作成し、これを管理帳票として再利用するといった機能が備わっています。毎月の報告書や会議資料の作成を自動化することで、大幅な業務効率化が可能となります。

Dynamics 365 concept

 

 

 

導入事例、セミナー、製品紹介の資料ダウンロード

20社以上の導入事例が掲載された資料や、セミナー資料、製品紹介資料がダウンロードいただけます。
Microsoft Dynamicsを、もっとご理解いただくための資料はこちらから。

導入事例の詳しい内容は、PDFにてご覧いただけます。資料ダウンロードはこちらから
お電話でのお問い合わせ 03-5796-7051 月曜日~金曜日 9:00~18:00