ニュースリリース

  • ホーム
  • ニュース
  • Pacific Business Consulting マイクロソフト ジャパン パートナーオブ ザ イヤー2022 Dynamics 365 Business Centralを受賞

2022年7月21日PBCお知らせプレスリリース

Pacific Business Consulting マイクロソフト ジャパン パートナーオブ ザ イヤー2022 Dynamics 365 Business Centralを受賞

株式会社パシフィックビジネスコンサルティング(本社:東京都品川区、代表取締役社長:浦上 浩明、以下、PBC)は、日本マイクロソフト株式会社(以下、日本マイクロソフト)が主催する「マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー2022」にて、Dynamics 365 Business Centralアワードを受賞したことを発表いたします。
PBCは、Dynamics 365 Business Centralの前身となるNavisionの時代から、同製品のローカライゼーション機能を開発し、約20年間にわたり日本市場に提供し続けてきました。Dynamics 365 Business CentralがSaaSで提供されはじめてからは、Microsoft AppSource(マイクロソフトが運営する同製品のソリューションカタログサイト/2022年3月31日現在で1,800種類以上のソリューションが掲載)にて日本語・日本商習慣機能対応ソリューション(J-Pack)を販売しております。
この度の受賞に関して、日本マイクロソフトよりエンドースメントをいただいております。

 

日本マイクロソフト株式会社からのエンドースメント

この度の株式会社パシフィックビジネスコンサルティング様の「マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2022」 Dynamics 365 Business Centralの受賞を心よりお祝い申し上げます。株式会社パシフィックビジネスコンサルティング様は、長年にわたるDynamics 365の導入経験、知見を活かしDynamics 365とPower Platformを活用した、中堅・中小企業向け、短期間・低コスト導入を実現する「Quick Start Service」をリリースされました。更に、自社内へのDynamics 365(CRM-Sales・Customer Service・Marketing・Business Central-SMB ERP)、Power Platformの採用から社内DXを実現し、そのノウハウをベースに中堅中小企業層において多くのDynamics365新規案件の獲得に貢献頂きました。今後も日本マイクロソフトは、株式会社パシフィックビジネスコンサルティング様との強力な連携を通じて、お客様のデジタルトランスフォーメーションの推進に貢献してまいります。

日本マイクロソフト株式会社
執行役員 コーポレート戦略統括本部長 兼 パートナー事業本部長
本多 正樹

PBCは、中堅中小企業への短期間・低コストでの導入の実現に向けて、日本マイクロソフトとの協力関係を活かし、お客様のさらなるビジネスの成長とデジタルトランスフォーメーションの実現を継続的に支援していきます。

 

Quick Start Service(QSS)について
マイクロソフト社のビジネスアプリケーションMicrosoft Dynamics 365を、短期間・安価に導入するサービスです。QSSでは、リソースの状況を考慮し、CRM/ERPを段階的に導入・拡張することで、戦略的にDXの礎を構築していきます。また、Microsoft Power Platform(ローコード製品)のトレーニングを受講し、社内システムの内製化へ挑戦を継続することで、DX時代に必要な人材育成を推進する実践的なアプローチです。Microsoft Office製品やMicrosoft Teamsと合わせて活用することで、業務効率の向上が可能です。