ニュースリリース

  • ホーム
  • ニュース
  • マイクロソフト クラウドライセンスの販売における変更点のご案内

2022年3月3日お知らせ

マイクロソフト クラウドライセンスの販売における変更点のご案内

拝啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

さてこの度、弊社経由でご購入いただいておりますマイクロソフトのクラウドライセンスについて、販売元のマイクロソフトより下記の変更が発表されました。当変更に伴い、現在ご利用中のライセンス数、将来的なご利用予定の数について、担当営業より 個別にご連絡をさせていただく予定です。お客様はご不便をお掛けしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
引き続き、マイクロソフト製品を御愛顧賜ります様、宜しくお願い申し上げます

  1. 対象製品

    マイクロソフトクラウド ソリューション プロバイダー プログラム CSP )で提供されるライセンスベースのクラウドサブスクリプション。
    ※Microsoft Azureは従量課金型制のため対象外。

  2. スケジュール

    新規購入ライセンス:2022 年 1 月 1 日以降に購入されるサブスクリプション
    現在ご利用中のライセンス:2022年7 月1日以降に契約更新を迎えるサブスクリプション
    ※サブスクリプションの契約期間は品目単位で異なります。

  3. 変更内容

    ・ご契約期間
    現行:12 か月、 36 か月( D ynamics 365 のみ)
    新販売契約:1 か月(新設)、 12 か月、 36 か月( Dynamics 365 以外も順次提供開始)

    ・支払条件
    1か月:毎月請求
    12カ月:利用開始月 更新月 年間一括請求
    36カ月:利用開始月 更新月 3年間一括請求

    ・変更点
    現行の12 か月契約ライセンスでは、契約期間中のライセンスの増減および利用中断が可能です。新販売契約では、ご契約期間中の数量減および利用を中断いただくことができません。そのため、ご購入数量は担当営業とご相談の上、ご契約をお願いいたします 。契約期間途中での中断(解約)や、導入途中など、数量が 変動する可能性がある 場合は「 1 か月契約」ライセンスのご利用を推奨します。


  4. よくあるご質問
    同一テナントで、「1 か月」「12 か月」「36 か月」
    契約を混ぜることは可能ですか?
    回答:可能です。
    36 か月契約と 12 か月契約でライセンス単価は
    異なりますか
    回答:単価に変更はありません。但し、ご契約期間中は、ご契約開始月または更新月の単価が固定されます。例えば、2022年3月10日に36 か月契約をされた場合、途中、単価上昇があっても、2025年3月9日までは新規購入時(または更新時)と同じ単価が適用されます。
    月額契約と 12 か月、36 か月契約(年間)の
    単価は異なりますか。
    回答:1 か月契約と年間契約では、1 か月契約の方が20%程高い設定になります。
    1 か月契約を更新することは可能ですか 回答:可能です
    契約期間中のライセンスの増減、解約はできますか 回答:追加はいただけますが、契約期間中に削減や解約することはできません。次回更新のタイミングで必要な数量での更新が必要です。
    例えば、Dynamics 365 Business Central(D365BC)のEssentialユーザーとTeam Memberユーザーの2 種類のライセンスを利用中で、利用開始日が異なる場合の契約期間はどうなりますか。 回答:12 か月契約で、D365BCのEssentialユーザーライセンス開始日が、2022年3月、Team Memberユーザーライセンスが2022年5月の場合の契約期間は以下になります。また、支払条件については、契約毎に更新月年間一括払いでの請求となります。
    ・D365 BC Essential 2022年3月~2023年2月末日
    ・D365 BC Team Member 2022年5月~2023年4月末日
    契約期間はテナント単位ではなく品目単位で管理されます。

※上記は2021年12 月1日時点の情報に基づく内容です。