ニュースリリース

  • ホーム
  • ニュース
  • PBC、Microsoft Azureとの連携を 強化したMicrosoft Dynamics NAV 2017を五か国語で販売開始

2017年2月20日ERPプレスリリース

PBC、Microsoft Azureとの連携を 強化したMicrosoft Dynamics NAV 2017を五か国語で販売開始

PBCは、マイクロソフトの中堅・中小企業(SMB)向け主力ERPパッケージMicrosoft Dynamics NAVの最新版「Microsoft Dynamics NAV 2017(以下、Dynamics NAV 2017)」の日本版、中国版、香港版、タイ版、ベトナム版を2017年4月より販売開始することを発表します。同製品は、マイクロソフトが昨年10月にリリースしたDynamics NAV 2017(英語版)に、PBCが五ヵ国の商習慣に合わせた機能を追加し、各国の言語にローカライズして提供するものです。

Dynamics NAV 2017は、Azure Machine Learning(機械学習)との連携により、クラウドベースの予測分析機能を搭載したことが大きな特長です。これまで、担当者の勘と経験に頼って遂行されてきた売上/販売や在庫、資金繰りなどの予測業務がシステム化されるため、ユーザーは企画や意思決定などの業務に注力できるようになります。

<Dynamics NAV 2017の特長>
Dynamics NAV 2017は、Microsoft Dynamics製品シリーズのキーワードとなる「生産性(Productivity)」+「業務プロセス(Business Process)」をベースに、製品改良が継続されています。

● Azure Machine Learningとの連携による予測分析
Microsoft の機械学習の開発基盤(Cortana Intelligence Suite)に含まれるAzure Machine Learningを活用し、様々な業務の予測や分析が可能となりました。ユーザーは機械学習の専門知識なしに直感的で容易な操作で実行し、業務の最適化に役立てることができます。

● システム間の垣根を取り払い、スムーズな業務遂行をサポート
Outlookの中でDynamics NAV2017の画面を起動し、顧客の与信情報の参照や、見積書・受注伝票の作成と送付が可能となりました。また、マイクロソフトのレポーティングツールであるPower BIをDynamics NAV 2017の画面内に埋め込み、分析画面として活用するなど、システムを切り替えず、一連の業務を遂行できるようになります。

● 誰もがアプリケーションの開発者になれるERP
コーディング不要でユーザー自らがモバイルアプリを開発できるMicrosoft Power Appsや、システム間のデータ接続を直感的に設定できるMicrosoft Flowと連携しました。プログラマーかノンプロ
グラマーかを問わず開発に参加できる環境を提供しています。さらにMicrosoft Dynamics NAVでは
今後Visual Studio Codeへの対応や、Webブラウザ上から、新たに表示したいデータフィールドをその場で定義してドラッグ&ドロップで項目を追加できるページデザインモードの追加も予定されており、Dynamics NAV 2017でも順次対応していきます。

またPBCでは、Azure Web AppsやAzure Bot Serviceを利用したLINEを始めとするコミュニケーションアプリとの連携や、予測精度をさらに高めたデータ生成ソリューションなど、Cortana Intelligence SuiteおよびAzure Machine Learningを活用したさまざまな開発に着手していきます。併せて、Microsoft Biztalk Server、Azure Service Busなどを活用し、Microsoft Dynamics NAVとSAP ERPやOracle ERP、Dynamics 365 for Operations、Microsoft Dynamics AX 2012 R3といった他システムとの連携基盤の構築を進めており、今夏より提供を開始する予定です。

<Dynamics NAVについて>
Dynamics NAVは1984年の製品発売以来、中堅・中小企業向けERPソリューションとしてその地位をグローバル市場にて確立してきました。シンプルなデザインでありながらも高い機能性を備えていることから、スピーディなスモールスタートが可能で、必要に応じて稼動後に拡張できることが特長です。現時点で165の国や地域で販売、約3,500社のパートナー企業が提供しており、導入実績は全世界で12万社以上に上っています。