導入事例 導入事例 導入事例

日本ボールドウィン株式会社 導入事例インタビュー

Microsoft Dynamics AX資料あり
日本ボールドウィン株式会社

米国本社による内部統制強化指示により、 Microsoft Dynamics AXを導入。 業務プロセスの改善だけでなく、 現場ユーザーの意識改革も実現。

Baldwin Technology Company の日本法人である日本ボールドウィン株式会社は、長年、国産会計パッケージとスクラッチで開発した業務システムを使用してきました。しかし、グローバル拠点の内部統制強化の必要性から、本社指示によりMicrosoft Dynamics AXを導入しました。 導入後は、データの一元管理、業務プロセスの改善だけでなく、ユーザーのデータに対する意識改革にも繋がりました。

    世界主要市場で生産性向上と省力化をリードする、印刷機械・印刷分野のグローバル企業

    UVモジュールUVed
    Baldwin Technology Companyは1918年に米国・ニューヨーク州に創業しました。以来、印刷機械及び印刷業務の自動化・省力化機器のリーディングカンパニーとして、印刷産業のニーズにマッチしたグローバルな製品の研究開発及び品質の向上に努めてきました。
    今では世界中に販売、サービス拠点を展開しています。 
    日本ボールドウィン株式会社は、世界に広がるボールドウィン・グループの日本法人として1968年に創立し、その国際性を最大限に活かしつつ、印刷の生産性向上・省力化等に寄与する製品・サービスを開発・提供しています。

    米国本社の判断によりグローバルの主要5拠点へMicrosoft Dynamics AXの導入が決定

    米国本社から製品を指定されていたため、日本法人では、国内のDynamics AXベンダーを選定するところからスタートしました。複数社にコンタクトしましたが、最終的には、きめ細かい見積りと提案内容を含め、PBCの誠実な対応が初めてERPを導入することへの不安を抱えていた同社にとって決め手となりました。

    「ERP導入に苦労することが予想されていた中で、PBCの誠実な提案とコミュニケーションは安心感を与えてくれました。また米国本社との電話会議にも参加し、本社のマネジメントメンバーに対して、提案内容や見積り、プロジェクトの進め方などを説明してくれました。」 日本ボールドウィン株式会社 管理部 部長 岩崎浩樹氏

    「プロジェクトの進め方や、プロジェクトでのリスクや対応策、想定されるカスタマイズの見積りなども含め、日本企業らしいきめ細やかな提案をしてくれました。」日本ボールドウィン株式会社 管理部 IT専任部長 水津英彦氏

    スクラッチシステムからのリプレイス

    2014年8月からプロジェクトがスタート。現状の業務プロセスの分析を実施したところ、長年スクラッチのシステムを使っていたことによる、課題・問題点が明らかになってきました。旧システムはユーザーの個々の要件に応じて設計・開発されていたため、全体最適化とはかけ離れた状況になっていました。

    「これまで各自が業務内容を十分整理できておらず、属人化が進んでいたため、現状業務のヒアリングには苦労しました。また、会社としてあるべき業務プロセスを定義し、それをユーザーに理解してもらうことは時間がかかりました。これまでは旧システムありきの部分が多々ありましたが、ERP導入を契機にできるだけDynamics AXの標準機能に合わせて、業務プロセスを見直していくことにしました。」岩崎氏

    「要件定義当初はなかなか答えを見出せず、手探りの状況でした。ユーザーによってヒアリングの仕方を変えたり、旧システムからの逆引きで業務を分析するなどの工夫が求められました。個々の要件に基づいて、スクラッチでシステムを設計・開発してきた会社は、同じような苦労をなされているかもしれません。」水津氏

    クラウドベンダーの選定や旧システムからのデータ移行に時間を要するなど、想定外の課題もありましたが、プロジェクトチームを中心に、着実にタスクを実施し、2015年8月、無事本稼働を迎えました。

    「米国本社が細かく口を挟まず、我々プロジェクトメンバーを信頼し、一貫してバックアップしてくれたことが良かったと思います。本社向けのレポーティングにおいて、PBCが隔週で進捗報告書を作成し、定期的にフォローしてくれた点が助かりました。また、課題や問題点が発生した時点で適宜共有し、両社で解決策を検討・実行していったことが、プロジェクトのゴールに着実に繋がりました。」岩崎氏

    「プロジェクトの課題や問題点を随時共有し、各フェーズのゴールやタスクを明確にしながら、プロジェクトを推進してくれました。また、一般的に コンサルタントは顧客に対してイエスマンになりがちですが、PBCは顧客の要望を精査し、プロジェクト全体の視点にたって、その要不要を判断してくれた点も良かったです。」水津氏

    ERP導入は、プロジェクトメンバーだけでなく、経営層からエンドユーザーまで、すべてのステークホルダーの方々の協力・貢献なくして成功はありえません。日本ボールドウィン様は、全社一丸となってプロジェクトに取り組んだことで、課題を乗り越え、Dynamics AX導入を成功の裡に終えることが出来ました。

    導入効果

    日本ボールドウィン株式会社 キーユーザーの皆様
    Dynamics AX本稼動後は、売掛金の回収や消込がスムーズになるなど、早速効果が表れました。取引データから会計仕訳へ遡って確認できるトレース機能も作業時間の短縮に貢献。 さらに、マイクロソフト製品であることから、Excelへの連携が容易なため、レポートの作成にも役立っています。 また、複数のシステムが統合されたことにより、データの一元化も実現。現場のユーザー一人ひとりが、データの入力・修正の重要性を意識するようになったといいます。 「各自が入力したデータがどのように会計へ繋がっていくのか、データの流れやその重要性の理解が進んだことで、現場レベルでの意識や業務の改善に繋がってきています。」岩崎氏 Dynamics AXの導入によって、業務プロセスが整理され、内部統制やITガバナンスの強化、全体最適化の促進につながりました。 今後は、より一層Dynamics AXのメリットを活用し、プラスアルファの効果を創出していきたいと考えています。さらに、ERPのデータを分析し、ビジネスの拡大に繋げていくために、BIツールの導入も視野に入れています。

    企業概要
    企業名日本ボールドウィン株式会社 Baldwin-Japan Ltd.
    創立1968年12月
    資本金
    所在地〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目9番25号 芝浦スクエアビル11階
    URLhttp://www.baldwin.co.jp/
    事業内容産業用装置及び部品並びに関連資材の輸入、開発、製造、販売、据え付け、保守サービス及びこれに付帯する業務
    導入ソリューション概要
    ソリューションMicrosoft Dynamics AX 2012 R2
    導入モジュール管理/販売&売掛金管理/仕入&買掛金管理/在庫管理/プロジェクト管理
    導入拠点東京本社/大阪支店/静岡事業所
    導入言語日本語/英語

    導入事例、セミナー、製品紹介の資料ダウンロード

    30社以上の導入事例が掲載された資料や、セミナー資料、製品紹介資料がダウンロードいただけます。
    Microsoft Dynamicsを、もっとご理解いただくための資料はこちらから。

    導入事例の詳しい内容は、PDFにてご覧いただけます。資料ダウンロードはこちらから
    お電話でのお問い合わせ 03-5796-7051 月曜日~金曜日 9:00~18:00