昭和の日の備忘録

29 4月

皆様、こんばんは! 室長こと、吉島良平(Microsoft MVP for Business ApplicationsMicrosoft Regional Director) です。いよいよゴールデンウイークに突入しましたね。いつもは実家に帰省するのですが、昨年度同様、東京都からのお願いを守るべく、Stay Homeな感じです。皆様はどのような連休をお過ごしですか? はやく普通に戻りたいですねぇ。

それから、オリンピックどうするつもりなのでしょうかね?ついに今日Twitterに、#東京五輪の中止を求めますフラグたっていますね。今回のコロナ対策を見ていると、失敗するDynamics導入プロジェクトの要因が多くみられます。リスクテイクばかりで、AS-ISに固守、要件定義長くとって、結果対応範囲が大きくなり、予算が足りなくなり、もっとリソースをつっこむ。そして完了まで物凄く時間がかかる。まったく同じではないかと。PMPもっている集団にハイブリッドPMO突っ込んで推進したほうがはやいのではないかと。。。すみません、愚痴です(笑)

そういえば、今日は「昭和の日」祝日なんですよね。ということで

「昭和のテレビ風動画で伝えるコロナ禍」

という面白い映像があるので、冒頭こちらをご覧ください。

昨年度作られたもののようですが、非常に巧妙にできていますね。物心ついたときTVから流れてきている映像はこんな感じだった気がします。

今日の備忘録は、これっ!と絞るよりも、「徒然なるままに」をテーマにアップデートされたいたところも含めて共有しておきたいと思います。

まず最初に、Dynamics 365 Business CentralのMicrosoft公式の製品紹介概要PVを共有します。

「Unlock Limited Possibilities with Business Central」

↑のフレーズで締めくくられているのですが、「不確実性の高い時代」にどう生き残るのか?という主題に対して、3分間でうまく表現できていると感じました。もともとマイクロソフトが買収する前、Navision社時代(現D365FO/BCを保有)のパワポテンプレは「カメレオン」でした。そのころから変化へ迅速に対応するためのソリューションとして売り出していましたので、それが私がこの会社に入社を決めた理由でした。実は最初はアルバイトで働いていました。

一方で、Dynamics製品に長くかかわっている人間として、このようなことを言ったらお叱りを受けるかもしれませんが、ERP/CRMうんぬんかんぬんではなく、世界レベルのクラウド基盤と、潤沢な運転資本(流動資産-流動負債>100ビリオン$=10兆円)があるマイクロソフト製品が必ず市場で勝ち残ります。企業戦略の根幹を支えるITインフラの選択を是非間違えないようにお願い致します。

欧米はERPがかなり導入されている、アジア圏は遅れている。ひと昔前のように大企業でないとERPは見合わないという考えをお持ちの経営者の方が未だいらっしゃれば、変わっていただく必要があると思っています。是非↑のPVを一度目にしてもらえると幸いです。

次は↓について少し触れておきましょうかね。今年も昨年度同様に、「Microsoft 365 Virtual Marathon 2021」というM365系のイベントが開催されました。M365とBizAppsを生業にするMicrosoft MVPやITコミュニティーリーダーの皆さんによる世界規模で開催時間をわけた24時間×3日間のマラソン形式イベントで日本からも多くの方々が参加されていらっしゃいました。開発者の皆さんの登場は意外でしたが、ローコードを開発者がどう見るか?というコンテキストは大ヒットでした。

室長は業務中だったので、自己所有のパソコンで見ているだけという感じだったのですが、ためになる、興味深いセッションが多くて、少々集中力を削がれました(笑)

以下スライドのスクショをランダムにいくつか抜粋しておきますが、Twitterで #M365VMで検索すると結構情報が取れますし、→講演者資料←既に公開されているものもあるようです。

こちらを登録しておくと後日セッションが見れるようになるようです(無料)→Youtube

新しい情報も多く解説されていて、また多くのMicrosoft MVPやITコミュニティーリーダーたちが阿吽の呼吸で連携していく姿に心打たれました。M365領域にとどまらず、昨今のローコードブームもあってPower Platform領域のMVPも多く講演されていて、またテレワーク/リモートワークを意識したセキュリティーというトピックも多くのセッションでカバレージされていて、マーケットニーズにあったコンテンツを日本からも提供していていました。最後は勝手に「サライ」が流れる武道館をイメージしながら拝聴させていただきました。流石でしたねぇ。非常にいいイベントだったと思います。講演、運営、スポンサー、参加者の皆様ありがとうございました!是非Youtube登録しておいてくださいね。

えっと、次はですね。4月23日(金)にKobe HoloLens Meetup-Vol.4

について少し触れておきたいと思います。Microsoft Igniteで発表された内容を、HoloLensやMR界隈の有識者が振り返る座談会が開催されました。

室長と同じくMicrosoft Regional Director/ Microsoft MVPとして活動をしている株式会社ホロラボ 代表取締役の中村さんに相談して、学生時代を過ごしたKOBEの企業様が主催という事もあり、僕も「Dynamics 365 (CRM/ERP) 側からのHL/MR領域への期待」というお題目でLTをさせていただきました。

Youtube←マイクロソフトのHoloLens/MR領域の最新情報などにご興味がある方は、是非こちらをご覧いただけますと、「当日の映像を丸っと視聴」することができます。参加者の皆様に少し違った視点をお伝えできていますと幸いです。ご参加いただきありがとうございました!

続いてDirections North Americaについて、少しだけ。

これは北米においてマイクロソフトのSMB領域でお仕事をされているD365BCパートナーが主催/運営するD365BCパートナーのためのイベントなのですが、今年は初オンラインでの開催となりました。時間軸がEDTだったので、お昼のM365VM→深夜から朝にかけてのマラソンということで3日間フルマラソンに参加したような日々だったのですが、やっぱりアメリカだなぁと思うところが随所にありました。いくつかのマイクロソフトのセッションは、2021Wave1のLaunch Eventの使いまわしでした。

製品の最新情報などの内容に関しては、先日2021Wave1Launch Event備忘録BlogDirection North America備忘録Blogにてご紹介していますので、今回細かく触れることはやめておきたいと思うのですが、

長時間にわたるイベント期間において、参加者の皆様にどう楽しんでいただくか?というホスト視点で、2013年からこのイベントのMCを担当しているGaryの果たしている役割の大きさを改めて感じました。エンターテインメントとは何ぞや?

↓是非、こちらの映像をご覧ください(笑)↓ここまでやるのか?いやぁ、アメリカだなぁと思いました。

その他、共有しておくべきものとして、先日開催されたMS BizApps Launch Eventの基調講演の映像が見れるようになっていました↓マイクロソフトのビジネスアプリケーション全体を網羅したい方向けですね。

来週はMicrosoft Business Application Summitが開催されます。一大イベントですね。

また、来週は自分が実行委員の一人でもあるDirections ASIAもあるので、学びの多いゴールデンウイークにしたいと思っています。ご興味があればまだ間に合うので是非いらしてください。

それでは、今日はこのくらいで。Let’s Go Mooooore Dynamics and Power Platform to achieve customer’s DX365!!