Microsoft Ignite The Tour – Tokyo & 夢ある未来の描き方Ⅲ

8 12月

皆さん、こんにちは。吉島良平(Microsoft MVP for Business Applications)です。週末エンジョイできていますか?いやー今日の東京は本当にいい天気ですね。洗濯日和ですかね?

室長は、11月末くらいから、生業であるプロジェクト&マーケティングでばたばたで、睡眠がとれない日々だったので、今日はお昼近くまで死んでいました(笑)やっぱり人間には限界がありますね。

ラグビーワールドカップが終わって1か月たっても、予想に反してロスにはなっていません。トップリーグや、大学ラグビー、高校ラグビーへの期待があるからですかね。知人がいくつかのチケットをおさえてくれたので、ラッキーなことに、何試合かは現地観戦できる機会がありそうです。スタジアムで、室長を見かけたら、是非声をかけてくださいね。

そうそう、ついに、Dynamics 365 Business Centralのウェビナー開始しました。最近、お問い合わせが物凄く増えています。製品デモンストレーションも含まれているので、是非ご覧いただきたいと思います。(要マイクロソフトウェブサイトへの登録)

さて、今日はイベントと、セミナーの振り返りを書いておきたいと思います。まずは、Microsoft Ignite The Tour – Tokyoが芝公園のザ・プリンスパークタワー東京で開催されました。

去年はMicrosoft Tech Summitという日本マイクロソフト株式会社主導のイベントがあったので が、今年は、米国主導のMicrosoft Ignite The Tour が世界各国で開催されることになっており、その東京版という位置づけでした。

どうやら、初日は別会場(恵比寿)で、Microsoft Envision(北米と欧州で開催されていた旧 Microsoft Convergenceの進化版/経営者層向けイベント)も開催されたようです。イベントにはMicrosoft MVPの仲間たちも30名ほどがセッションをもったり、Hubといわれる展示会場のエキスパートエリアでお客様対応を行いました。

このイベントを一言で表すなら、”Power Platform が爆裂したイベント”と表現するのが的確かなと思います。イベントにおける多くのシーンでそれを体感しました。

えらいこっちゃ!!

部屋で行われるラーニングパスセッションが、参加者が入れきれず、急遽シアターセッションに切り替わるなどのハプニングも勃発していました。ある登壇者は、シアターセッションに変更って連絡きたのは「登壇20分前」だったそうで、テクニカルチェックもしてない状態で本番に挑んだようです。つまり、イベントの運営側も柔軟な対応ができたという証で、これってホントにすごいことだと思いました。運営の皆様もお疲れ様でした!

もし、万が一、まだ利用されていないという方がいらっしゃれば、時代に乗り遅れちゃいます。下記、リンクを貼っておきますので、相当慌てて勉強を開始してくださいね。

Power Apps

Power Automate(旧Microsoft Flow +RPA )

Power Virtual Agents

Power BI

このPower Platform は、ITユーザーでなくても、業務担当者がパワーユーザーに成長して、内製化を推進していけるものです。是非、Teamsと合わせて活用し、クライアントの皆様のデジタルトランスフォーメーション、すなわち働き方改革に役立てていただきたいと心より室長も思っています。

個人的には、ここまでのムーブメントが来るまでの過程を見てきましたし、これらのサービスにかかわる仲間たちの取り組みをそばでみて、応援してきたので、感動しました。(嘘じゃないよ!)関係者の努力の結晶。

じゃ、Dynamicsはどうだったか?というと。全体で7つのセッションを6名で担当。Dynamicsの製品セッションはマイクロソフトさんが担当、ブレイクアウトセッションはMVPが担当でした。私はCRM側のMVPのS氏と共に、Power Platform の裏番組を担当していました。マイクロソフトのCRM領域は遠藤氏、FinanceとSCM領域は鈴井氏、Retail領域はピーター氏がそれぞれプレゼンテーションされていました。

杉本氏のセッションは、基本に立ち返ることができる、考えさせられるいいセッションでした。素敵なインプットをありがとう。

室長のセッションは、こんな表タイトルでした。(タイトル名は全セッションで多分一番長い)

裏タイトルは、

“もしも、バラバラ殺データ事件に遭遇したら”

Microsoft Ignite Tour Osakaが終わるまでは、ネタバレできないので、今回のBlogに詳細は記載しませんが、

参加者からのフィードバックもよく、ほっとしました。45分間のうち、30分はデモンストレーションに時間を使いました。実際のところは、プロジェクトをやりながら登壇の準備をするのは本当に大変で、デモデータベースを構築している際に、タイミング悪くサービスのアップデートで動かなくなることもあったので、本番はオンプレミスの環境も万が一のために準備して臨みましたが、トラブルも全くなく、オンタイムに終えることができ、本当に良かったです。

続いて、戦友であるマイクロソフトの鈴井氏のセッション

デモンストレーションのコアは、Power Appsでつくった棚卸業務アプリ。(画像いまいちでごめんなさい)

 

最新情報をきちんと共有してくれた充実したセッションだったと思う。このセッションにもっと参加者があればいいのに。残念ながら、狙うべきターゲット層が来ていないね。(大阪ではこのようなことがありませんように)

次は、Peter氏のRetailに関するセッション。D365 Commerceって名前変わったんですね。

Dynamicsはマイクロソフト製品/サービスのラストパイなので、Power Platform の次こそは、Dynamics 365 が、より日本でも盛り上がっていくでしょうし、そのようなマーケットになるように、室長も、もっとがんばらなくてはなりません。来期はアグレッシブな目標を立てて諸々達成できるような取り組みをやっていくつもりです。

イベントでは、ブレイクアウトセッションだけでなく、エキスパートエリアで7名の方々へ業務システム構築の際のアドバイスや、原価計算の考え方、バラバラになっているsystemの一時的なしのぎ方など、ほかのMVPと共に対応をさせていただきました。

AzureもJAZUGをはじめ活発なディスカッションがなされていましたし、HoloLensもいたるところにホロレンジャーが出没していました。室長も、某社長からDynamics 365 Remote Assist やDynamics 365 GuideをHoloLens越しにみせられ、かなり興奮しましたw。

そうしているうちに、2月開催のMicrosoft Ignite Tour -Taiwanからも登壇依頼が来たので、参加するか迷うところですが、まずは、Microsoft Ignite Tour -Osakaが1月23日-24日にインテックス大阪で開催されます。

特に業務システム担当、財務経理の業務システムユーザーで、関西方面の皆様には、私のセッションにご来場いただきたいです(室長担当はTokyoでおこなったプレゼンコンテンツそのものです。)し、このPower Platform の盛り上がりを体感していただきたいと思います。

昨日、土曜日はSCSK様主催のイベント。Power Platform Day ’19 も品川のマイクロソフトで開催中でしたね。Tweetまとめは、こちら→https://togetter.com/li/1440197←こちら。

室長は、中小企業診断士とMBAの会にて講師を担当させていただきました。セミナータイトルは、’夢ある未来の描き方’。そうそうたる講師陣に交じっての講演でした。

僕はDX(デジタルトランスフォーメーション)、日本が直面している課題から、具体的なシステムに落とすところまでのお話をさせいていただきました。勿論、冒頭こちらも忘れずにw

ご参加いただいた方々にとって、少しでも有益な情報を共有できていたら幸せですし、新しい異業種における出会いに感謝しています。是非、皆さまプライベートでもお付き合いください。Dynamicsもご活用いただけるといいな。このような機会をくださった古宮さんに敬礼します。

—番外編—

Microsoft Ignite Tour -Tokyoの打ち上げ!

—番外編—

会場が満員で入れなかった人が多かった千代田まどかさんのこの投稿。素晴らしいなと感心しました。真面目で、この姿勢本当に偉い。忙しいのに、なかなかできないと思う。

それから、SCSK様のセミナーの司会を担当した塚越さん、新人ながら見事な司会でした。ありがとう。梶さんのプレゼンテーションの中でも、パラレルワークや、Input/Output/Communityの話があって、あー立派立派とこちらも関心しました。Dynamicsがんばれーっ!最近若い方々から学ぶことが本当に増えてきました。歳を重ねていくと、自分より若い人から学ぶことが本当に多くなりますね。見習わなきゃ。

いやーDynamics 365 のサービス増えたなー。必死でくらいつかないと!

さて、いよいよ年末に向かっていきますね。今年もあと少しなので、沢山の方々と楽しみながら一年を後悔なく過ごしていきたと思います。皆様も、お風邪など、めされないよう。

それでは、今回はこのあたりで。Let’s Go Moooore Dynamics !