セミナー開催のお知らせ

30 6月

皆様、こんばんは! 室長こと、吉島良平Microsoft MVP for Business ApplicationsMicrosoft Regional Director) です。皆様いかがお過ごしでしょうか? 私は、過去数年間、梅雨はあまり意識していなかったのですが、今年は結構ジメジメ、雨も降っている気がしますが、気のせいでしょうかね?

と、ウェザーニュースを開いてみたら、↓のような結果でした。

週末にかけて梅雨前線北上で強雨のおそれ
7月は梅雨らしい空に

今週末は結構ヤバそうなので、お家でゆっくり過ごすのが無難そうですね。そうそう、6/27(火)にはジャパンラグビーの試合が久しぶりにありましたね。4年に1度結成される欧州のドリームチーム 「ブリティッシュ&アイリッシュライオンズ」とまさかジャパンが試合できるようになるとは、高校時代、オーストラリア留学時代にラグビーをやっていた室長としては非常に感慨深いものがありました。

今週末の7/3(土)は日本時間の21時からアイルランドとの試合があるので、やっぱりお家でTVを見るというのもいいかもしれませんが、ワールドカップと違って、アウェー。アイルランドの応援団は世界一ともいわれるくらい熱狂的なので、厳しい戦いになると思います。

いやぁ、2019年が懐かしい。7/3は頭キレキレ/データ戦略にたけた沢木さんの解説なので楽しみです♪

スポーツで旬といえば、大谷翔平ですかね。今朝は、興奮した親父から二本打った!というLINEで連絡がありました。このままホームランキングになると国民栄誉賞でしょうか。本場の米国では大騒ぎになっているみたいですしね。凄いなぁ。明日はヤンキース戦に登板予定のようなので、完封で、そしてまたホームラン打ってほしいですね。オリンピックよりこちらのほうが今年は盛り上がるんじゃ(;´∀`)

相手ピッチャーも打たれたくないから、もう凄いことになっていますね。日本人に対して、チートってw。最後はいつもと違うサイドスローで投げるというw

さて、6月末はマイクロソフトの決算月ということで、3月に年度締めを終えて、この6月末を迎えると、マイクロソフトビジネスをやっている我々は、「あぁ、今年も終わった」と感じる事が多いのですが、自社の四半期決算が来週には終わり、第二四半期に向かっていきます。Q1やりきった!という方もこのBlogを見てくださっている方の中にはおおいのではないでしょうか?お疲れ様でした。

そういえば、Windows11のラウンチイベントも今週はありましたね。私の周りでもインストールをして解説をしているMicrosoft MVPの方々の記事やYouTubeも結構出ていました。OSのアップデートが記事になったりするのはちょっと久しぶりな感がありますね。

スタートボタンが真ん中に来るので、Macっぽいなと思ったのですが、どうやら定位置の左下に戻すこともパラメーターでできるようでほっとしました。こちらも今週末、少し遊んでみたいと思います。

さて、そろろそ本題に。。。(スポーツネタ、Windows11ネタ楽しいんですよねw)

先週6/23(水)に船井総研ITソリューションズさんとセミナーをご一緒しました。結構多くの方にご参加いただいたみたいで、お時間を割いてくださった皆様、ありがとうございました。参加して良かったと思っていただけるセミナーであったならば幸いです。

今後もDXに関する切り口のセミナーが多く開催予定となっているようです。「製造業向け」「卸売業向け」「フィールドサービス業界向け」とインダストリークラウドのシリーズセミナーが近々開催されるようです。グローバル市場で修理ビジネスをやっている企業様には是非フィールドサービスのセミナーがおすすめです!

室長も8月25日(水)16時-18時枠でお時間をいただき、

~企業に求められる人的資源のフル活用~
「Dynamics 365とPower Platformで実現するデジタルトランスフォーメーション」効率的なテレワークを実現する「捨てる化」「いれる化」「自動化」「見える化」「言える化」への挑戦!

というお題目で、仲間たちとともにセッションを担当させていただく予定です。下記の内容を学習できるセミナーにするつもりで、これから準備を進めていきますので、IT部門、経営企画部門、経理財務部門、各業務部門、経営者の方々に、是非ご参加いただきたいです。

  • 当社のビジネスインフラ-Dynamics 365 ERP/CRMの活用事例
  • Dynamics 365 プロジェクトガントチャート(ISV)
  • Power Platform (Power Apps、Power Automate、Power BI)、Dataverse、Microsoft Teamsの活用事例
  • 人的リソースの見える化、仕掛/原価管理、社員及び協力会社の作業工数管理など
  • 当社Pacific Business Consulting, Inc.の新収益認識基準への取り組み

ーー

システム導入において、導入を担当するベンダー側でも下記のような課題に直面します。
「なぜ、準委任契約は請求時にもめるのか?」
「なぜ、社員はリアルタイムに日報を入力しないのか?」
「なぜ、タイムリーに部下やチームメンバーの承認業務が行えないのか?」
「なぜ、仕掛管理に手間がかかるのか?」
「なぜ、クライアントへ送るサービスレポートの収集に時間がかかるのか?」
「なぜ、他部門への貢献度をタイムリーに把握できないのか?」
「なぜ、月末締め処理には時間がかかるのか?」
「なぜ、評価MTGは正確なデータに基づかないで行われるのか?」
「なぜ、出社率がさがらないのか?」

一方で、導入をしていくユーザー側では、システムの導入にかかった時間を正確にかつタイムリーに把握することが難しく、通常業務が多忙を極めるあまり、リソースのスケジュール管理や、プロジェクトの予算管理に課題を抱えるケースが多く見受けられます。結果として、企業の最重要資産である人的資源データの見える化が不十分なまま、勘や経験則に頼る経営が行われがちです。

また、今年4月に施行した新収益認識基準(企業会計基準第29号 収益認識に関する会計基準)に対応するため、企業によっては、業務フローやプロジェクト/タスクコードといったBPRや、システムの改修が必要となり、その対応に追われた企業も多くあると聞いています。

本セミナーでは、当社で抱えていた課題を解決するため、どのようなシステム設計、業務移行を行っているか、プロジェクトだけではなく、保守や、営業、マーケティング、インフラ、管理本部がどのようにデータを分析し、課題を解決しようとしているのか?について、マイクロソフトのビジネスアプリケーションスイート製品であるDynamics 365、そして昨今話題につきないローコードソリューションであるPower Platform、クラウドストレージであるDataverseを活用した経験を
同じ課題を抱える皆さまに共有させていただきたいと考えています。

イベントはオンライン開催のため、ご自宅、オフィスどこからでも視聴いただけますので、ぜひこの機会にご参加ください。導入に関わったメンバーも質疑応答セッションに参加しますので、不明点があれば随時ご質問ください。当社の取り組みが、少しでも皆さまのご参考になれば幸いです。

アジェンダ
・16:00-16:10    開催のご挨拶/会社概要(10分)
・16:10-16:40 当社が抱えていた課題、社内システムとして採用した製品のご紹介(30分)
・16:40-17:40   Dynamics 365とPower Platformを活用した課題解決手法のご紹介(60分)
・17:40-18:00   質疑応答(20分)

ーー

最後はオリンピックで〆ましょうかね。今年は海の日が22日(木)に振り替らになるようで、あと少しがんばれば4連休になりますね。

本来の祝日にイレギュラーな調整が入っていますので、うまくスケジュールを調整して、コロナ禍ではありますが、少しでも楽しい日々を過ごしていけるよう、お仕事の調整をうまくしていきましょう。

ということで、今日はこのくらいで。Let’s Go Mooore Dynamics and Power Platform!!